1. まとめトップ
  2. カラダ

市販の液体のりで培養に成功!予想外の白血病治療に驚きの声

白血病の治療に必要な造血幹細胞を市販の液体のりで培養することに成功した。高額の新薬『キムリア』も話題になった。

更新日: 2019年05月30日

20 お気に入り 21893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

液体のりで幹細胞の培養に成功

白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。

白血球や赤血球に変われる造血幹細胞は、0.5リットルで数万円するような培養液でも増やすことが難しい。

ポリビニルアルコール(PVA)で培養したところ、幹細胞を数百倍にできたという。マウスに移植し、白血球などが実際に作られることも確認した。

PVAは洗濯のりや液体のりの主成分。山崎さんは実際、コンビニの液体のりでも培養できることを確認した。

ネットでは驚きの声

「なんかカラダにいいらしい」と言って、アラビックヤマト買いに行く慌て者が一人くらいいそうな気がする。

市販の液体のりの成分が白血病治療に必要な細胞の培養に役立つことが分かったのか。しかも普通の培養液より効率が良かったらしい。

液体のりで白血病の治療か。身近なものが思わぬ製品や薬となるのだからすごいね!

液体のりが白血病の救世主になるかもしれないの凄い。世の中は可能性だらけ。

液体のりにも含まれるごくありふれた物に効果があったという話であって、液体のりを加えてみたとか、液体のりを見て閃いたとかではないので、分かりやすいがやや誤解を生むタイトル。(´・_・`)

勘違いしてはいけないのは、これは科学者がヤケクソになりアラビックヤマトに造血幹細胞をブチ込んだのではなく、適切な科学的知見に基づいて「成分的にみてコンビニの糊でもいけるのでは?」と予測したうえでやってるということです。低予算と山勘で研究はできないんですよ、文科省さん聞いてますか?

アラビックヤマトのりか 製造元の株価爆上げするかな?

白血病は血液のがんと言われている

白血病は病的な血液細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的、つまりコントロールされることなく無秩序に増加する疾患である。

治療は抗がん剤を中心とした化学療法と輸血や感染症対策などの支持療法に加え、難治例では骨髄移植や臍帯血移植などの造血幹細胞移植治療も行われる。

著名人でも患っている方がいる

今年は歌手の岡村孝子さんや、競泳選手の池江璃花子さんが白血病であることを告白した。

シンガーソングライターの岡村孝子さんが4月22日、急性白血病と診断されたことが公式サイトで発表されました。

公式サイトの発表によると、「先日行なった検査の際、『急性白血病』と診断され、急遽、長期の治療に入ることになりました」とのこと。

最近では高額の新薬『キムリア』がニュースになった

診療報酬や薬価などを審議する中央社会保険医療協議会は5月15日、一部の白血病などの血液がんを治療する新薬「キムリア」の保険適用を了承した。

この協議会は厚生労働相の諮問機関

投与は一回だけで済み、価格は3349万円。一回当たりの薬の価格としては最高額となる。

治療対象は、血液がんの「B細胞性急性リンパ芽球性白血病」の子どもや若者(25歳以下)と「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の患者で、抗がん剤が効かなかった人などに限定。

高熱や血圧低下など重篤な副作用が起きる可能性があり、治療は細胞の採取ができ、副作用に対応できる病院のみとするため当初は数カ所にとどまる見通しだ。

1 2