1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

腰痛はいまや日本人の国民病。5人に1人は腰痛に悩んでいるといわれています。今回はそんな腰痛とうまく付き合っていくための腰痛グッズをご紹介。

セルフケアで、ゆがみの予防や改善をしていきましょう。気になるアイテムをチェックしてみてください。

最高…その言葉以外見つかりません。

首や肩だけでなく、太ももの裏やふくらはぎ、腰などほとんどの部位をマッサージできるマッサージクッションです。

ヒーター機能が搭載されており、熱ともみほぐしのダブルの効果で患部に働きかけます。凝り固まった筋肉をじんわりもみほぐしてくれるので、リラックスタイムはもちろん、仕事や家事の休憩中にもぴったりですよ。

姿勢矯正、シェイプアップにも!

強度がある高硬度の3Dボーン(支柱)を腰椎に沿って4本内蔵。弾性ボーンは3D状に湾曲しているため、腰のラインにぴったりフィット。

姿勢を正し、腰への負担を軽くします。Wベルトが腹筋を支えて腰椎に負担のかかる「お腹をつき出した姿勢」にならないようにサポート。

包んで支えるボディートレース構造

低反発素材の座布団です。お尻の痛みを気にせずに座っていることができます。カタチがユニークで、U字型なので、座りやすく、蒸すこともなく、健康面においても優れもの商品です。

「おしりがスポッと入って楽です。このカタチがとても良いです」「座ると姿勢が良くなります。ブラックなのでよごれも気にならないです」

正しい姿勢を手に入れる

骨盤サポートチェアの中でも人気があるMTGのBody Make Seat Style。座るだけで姿勢を正してくれるので、骨盤の歪み改善や予防に役立ちます。

こちらの商品はカイロプラクティックの視点から開発されたチェアですので、安心して使用することができるでしょう。床やソファ・椅子の上に設置することができるので、あらゆるシーンでBody Make Seat Styleを活用してください。

コストパフォーマンス優秀

ヒーターが内蔵されている4つのもみ玉でマッサージするクッション。510万台を売り上げるロングヒット商品です。

もみ玉の位置を変えることができ、腰だけではなく肩や背中にも使えます。大きさや形、カバーの色や素材にも豊富なバリエーションがあるのが魅力です。

オフィスワーカーの救世主

1 2