■「モノ」から「コト」へ ふるさと納税が新たに見直され、新制度導入の動きが目立ってきている。 宮崎→子牛の命名権 宮城→カキの養殖体験 山梨→ほうとう手打ち体験 今までは地域の特産品などのモノから「体験型の返礼品」へ。企業もサービスを伝える上で“体験”“体感”の要素はもっと重要になる

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ふるさと納税に、新たな動きが起きていた…キーワードは「モノ」から「コト」だ!!

ふるさと納税に新たな動きです。6月から新制度になったふるさと納税ですが、それに呼応するかのように、新たな動きが起きているのです。キーワードは、モノから体験型という「コト消費」が重視されており、そこでしか体験できない商品が多く出ています。

このまとめを見る