1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ
15 お気に入り 28004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼電車で行く旅行に欠かせないものと言えば「駅弁」

鉄道の旅の醍醐味といえばやっばり「駅弁」。車窓からの風景をのんびりと眺めながら、温かいお茶と共に頬張る駅弁は格別です。

□中には入手困難な駅弁も存在します。その事情が結構深刻…

・久慈駅(岩手県久慈市)で販売されている「うに弁当」

「うに弁当」のふたを開けると、まるで海を訪れたかのような磯の香りが漂う。目の前には黄金色に輝く、一面に広がるウニ。弁当箱に隙間はない。弁当1個に三陸沖産の蒸しウニが5、6個使われている

今日の朝ごはんは 岩手県久慈市名物うに弁当 うにが乗りすぎててご飯が見えなーい 美味しかった pic.twitter.com/ibFC8tOSRy

三陸鉄道久慈駅のうに弁当をいただく(*´ω`*) 何もかもが素晴らしすぎる。 今まで食べたウニを使った駅弁は一体何だったのか?と思うレベル。 これ目当てにわざわざ久慈まで行く人の気持ちがとても良くわかった。 また行かないと、、、 pic.twitter.com/2OLzIp3sAZ

昼前に売り切れることもあるので「幻の駅弁」ともいわれている。

久慈到着✌ 限定20食のうに弁当ゲット ラス1でやんした✨ なにげに観光客おるから席確保がんばります✌ 10時30分位から放送します pic.twitter.com/Vyar1oiMpu

本当は久慈駅で名物駅弁のうに弁当食べたかったんですけどね。到着時には既に完売してしまいました。残念。

すぐに売り切れ「幻の」とも呼ばれる名物弁当。「あまちゃん」で取り上げられ、全国的な人気商品となった。繁忙期の週末や夏休みシーズンには、営業開始前から行列ができるほど。

・郡山駅「海苔のりべん」

福島県郡山福豆屋の「海苔のりべん」です。全国にもファンが多く、「日本一旨いのり弁」と称賛する口コミもたくさんみられます。

お昼に郡山駅で買った海苔のりべんです(^o^)v おかかやこんぶの佃煮が美味しかったです\(^o^)/ pic.twitter.com/ETuV0OxJLR

製造元で安定供給が難しいことから、首都圏での販売をいったん終了しましたが、東京駅の駅弁屋・祭では土休日に販売されるようになりました(状況によって変わることもあるそうです)

もともと福島県内の駅でのみ販売されていましたが、テレビで取り上げられるなどして徐々に人気となり、首都圏でも販売が開始されました。全国の駅弁が揃う東京駅の「駅弁屋・祭」では、1日60個入荷しても、平均18分で売り切れるという人気ぶりを見せます。

駅弁屋「祭」で、郡山の「海苔のりべん」ゲット! これ、おかずの一つ一つも美味しいんですよー。 しかも海苔は二段ですよー。 大好き pic.twitter.com/gSeC9UhlT8

一押しの駅弁。 福豆屋の『海苔のりべん』 とにかく一つ一つのおかずが美味い。 東京駅構内の『祭』で扱ってはいるけど、数が少なくてなかなか買えない。しかも週末だけ。 pic.twitter.com/b1JPa4yOVs

・高崎駅「上州の朝がゆ」

1 2