1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

面白すぎてヤバい…「読むと鳥肌が立つ」オススメ漫画まとめ

読むと面白すぎて、思わず鳥肌が立ってしまった漫画をまとめました。(ボールルームへようこそ、BLUE GIANT、ちはやふる、キングダム、彼方のアストラ、アイシールド21)

更新日: 2019年06月08日

49 お気に入り 37014 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『ボールルームへようこそ』 竹内友

平凡な中学生、富士田多々良は将来の夢も特に無く、無為な日々を過ごしていた。そんなある日、謎のヘルメット男に出会った多々良は訳もわからず連れ去られてしまう。

ボールルームへようこそめっちゃおもしろかったー!!一気に読んだ。スラムダンクで大きくなった勢だから、やっぱスポ根は熱い。読んでてブワッて風が吹いて鳥肌が立つようなシーンのある漫画は良いですね。思わず涙が出る。婆はもう頑張る若い子に毎回泣く。 あと絶対作者と女の趣味が合う(^ω^) pic.twitter.com/yANUVoJbS9

ボールルームへようこそにハマったから布教したい。競技ダンスのお話なんだけど、主人公のたたらが可愛いし格好いいし、相手がめちゃめちゃいます。最高です。もちろんダンスシーンの色気とか迫力とかもう鳥肌立つ。半端ないです。アニメもやってるし、コミックも出てるんでぜひ見て沼におちて下さい。 pic.twitter.com/OeGrYvLLZV

ボールルームへようこそはとても良い漫画だぞ…とても綺麗で見てると鳥肌が立つぞ…僕のおすすめは主人公が(確か)初めて大会に出た時の表現がとてもとても綺麗だったからぜひ見ておくれ…

◎『BLUE GIANT』 石塚真一

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」

BLUE GIANTとかいうコミックス1巻につき10回は鳥肌が立つ神漫画

前も呟いたかもしれないけど、ビッグコミック連載の「BLUE GIANT」 これは本当に名作だと思う。 よくわからないし、もしかしたら音楽やってたからかもしれないけど、漫画で鳥肌が立つってのは相当だと思うよ。音がどうのって話以前に、きっと大切なものがあるんだろうと思うよ。

漫画ながらに、演奏シーンは毎度、鳥肌が立つ。絵が良いのかストーリーが良いのか。というわけで、BLUE GIANTは、アニメではなく是非ともドラマ化をお願いします。

◎『ちはやふる』 末次由紀

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。

ちはやふる これはもう少女漫画ではない。毎回鳥肌立つし、涙が出る。みんなの気持ちがいつもキラキラしてる。千早ちゃん大好き。はやくしのぶちゃんと仲良くなってほしいなあ。

映画は観てないけど… とりあえず漫画の『ちはやふる』は好きな漫画。 何巻を読んでも必ず一回は鳥肌が立つ。 泣きそうになる。

ちはやふる17巻読了。この作品の面白さは言葉にしにくい。ただ、読んでいるとゾクっと鳥肌が立つほど感動する瞬間がある。それがたまらなく嬉しい。

◎『キングダム』 原泰久

時は紀元前――。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!

キングダム合従軍編、何度読んでも鳥肌が立つほどアツい…!

キングダム、何回読んでも同じ場面でフフってなるし何回読んでも同じ場面で泣くし何回読んでも同じ場面で鳥肌が立つ 名作

ここ数年漫画を読んで鳥肌が立つくらいに武者震いや感動して心打たれた漫画ってキングダム以外ないのだよ。最初は歴史もの、しかも中国の物語でしょ(´Д`)……。なんて先入観念で1人で毛嫌いしてたけど、もっと早く出会いたかった漫画でした⚔️今日はキングダム見るぞ! pic.twitter.com/QlxjdZTrMt

◎『彼方のアストラ』 篠原健太

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!?

彼方のアストラが綺麗に伏線回収されてて本当に鳥肌が立つ

彼方のアストラ、ギャグとシリアスの緩急が強すぎて鳥肌が立つ やはり篠原先生は天才だ

彼方のアストラはいいよね… 読んでてね、何回も鳥肌立つ衝撃がね、あるんだよ…… 私はシャルスくんが好きです。

1 2