1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ルパンの娘』だけじゃない!「渡部篤郎」のおすすめドラマ

2019年7月期夏ドラマ『ルパンの娘』に出演する渡部篤郎のおすすめドラマ7作品。『ケイゾク』、『永遠の仔』、『恋がしたい恋がしたい恋がしたい』、『外事警察』、『銭の戦争』、『パパ活』。

更新日: 2019年09月28日

7 お気に入り 12532 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ケイゾク』(1999)

脚本:西荻弓絵
演出:堤幸彦 ほか
出演:中谷美紀、渡部篤郎、鈴木紗理奈、徳井優、長江英和、矢島健一、西尾まり、竜雷太、野口五郎

警視庁捜査一課二係配属となった新人・柴田純(中谷美紀)。二係の仕事は一係が迷宮入りと判断した数々の事件を名目上捜査継続するというもの。社会常識を持たないダメ人間同然の柴田が、謎解きに関してのみは天才的な能力を発揮、次々と難事件を解明していく。

話は変わるが私が『ケイゾク』信者なのは、中谷美紀×渡部篤郎のコンビってとこから最高なんだけど脇役のキワ立ちさも含め劇場版では泉谷しげるの生首出たりトンデモない描写や震撼の連続だけど、なんといってもラストの野口五郎の怪演は一度見たら忘れられないくらい凄いから最高だから見てほしい。 pic.twitter.com/yDhqgqovHo

オヤジ好きには渡部篤郎って堪らなくて渋みを増して非常に良い塩梅にイケおじ街道突っ走ってるけど、私はケイゾクの時の少し狂気じみた演技する渡部篤郎が好きだったんだ、今理解のある上司役とかコメディでパパやってたりしてちょっと違うの…温かい笑顔じゃなくて死んだ魚の目してる渡部篤郎が好き pic.twitter.com/SZlLyY2hBt

◆『永遠の仔』(2000)

脚本:中島丈博
原作:天童荒太
出演:中谷美紀、渡部篤郎、椎名桔平、石田ゆり子

天童荒太の傑作ミステリーを、中谷美紀や渡部篤郎が共演し連続ドラマ化。親から虐待を受け児童精神病院に入院する3人が大人になって再会し、押し殺していた意識が覚醒、連続殺人が引き起こされる。

渡部篤郎の同級生3人組といえば、中谷美紀・渡部篤郎・椎名桔平の「永遠の仔」ってのが、ありましてな  子供時代は邑野未亜・勝地涼・浅利陽介・・ 毎週 ボロ泣きしながら観てました pic.twitter.com/VvNocdtVIe

テレビドラマでもかつては「永遠の仔」みたいな児童虐待をテーマにした傑作もあったんだから、毎年ゴールデンタイムに再放送するくらいの気概があったら、と個人的には切に願う

◆『恋がしたい恋がしたい恋がしたい』(2001)

#私が愛したドラマ 恋がしたい×3(2001) 渡部篤郎、水野美紀、菅野美穂、山田孝之、所ジョージ、岡江久美子、及川光博 教師、愛人、主婦、学生、雇われ店長、小説家ら七者七様の立ち行かない恋愛と行き詰まった人生が交差する。 最終話、全員が一堂に会し、一人ずつ秘密を告白するシーンは圧巻。 pic.twitter.com/padYdJn5RJ

Amazonプライムビデオに 「恋がしたい 恋がしたい 恋がしたい」が追加されていて あの頃もはまってたけど 改めて良い!すごく良い! 2001年の作品。33歳の渡部篤郎がたまらなく良い!

◆『外事警察』(2009)

脚本:古沢良太
出演:渡部篤郎、石田ゆり子、尾野真千子、遠藤憲一、余貴美子、石橋凌

対国際テロ秘匿捜査の精鋭部隊として暗躍する外事警察とテロリストの壮絶な情報戦を描いたサスペンスドラマ。フィッシュと呼ばれる国際テロリストの情報を入手した警視庁公安部外事4課の住本健司は、ある外交官の追尾を開始する。

「外事警察」めちゃおもろい!何故に本放送見てなかったんだろう。NHKは「ハゲタカ」と言い社会派ドラマ上手いね。映画楽しみです。渡部篤郎とか石橋凌とか遠藤憲一とか好きな役者ばっかだ。尾野真千子も良かった。

『CRISIS』の石田ゆり子は、『外事警察』を思い出させた。 テロ、協力者、外事、石田ゆり子といえば、彼女が渡部篤郎の髭を剃る、色っぽくかつスリリングな屈指の名場面!『あまちゃん』で大ブレイクする前の訓覇プロデューサーの渋い傑作!未見の方は是非ご覧になって!

【NHK人x物x録 #滝藤賢一 『外事警察』】また見たくなりますね。とても思い出深い作品です。初のレギュラー出演作ということもあるのですが、何より俳優として尊敬する渡部篤郎さんと共演させていただけたことが……続きは www2.nhk.or.jp/archives/jinbu… #NHK人物録 pic.twitter.com/vUe5hxdOQt

◆『銭の戦争』(2015)

脚本:後藤法子
原作:パク・イングォン
出演:草彅剛、大島優子、木村文乃、津川雅彦、ジュディ・オング、大杉漣、渡部篤郎

栄光と挫折を経験した男の復讐劇を描いたTVドラマ。外資系証券会社に勤める白石富生は、順風満帆な毎日を送っていた。ところがある日、母の三保子から、実家の工場が不渡りを出し、父の孝夫が行方不明だと連絡が入る。

銭の戦争、最終話まで見終わった。これは面白いドラマすぎた。 先が気になって早くみたいと思ったドラマはリーガルハイ以来くらいか?最後まで飽きさせず綺麗にまとまってたし素晴らしいドラマだと思った。 渡部篤郎はクロコーチのときもそうだけど超うさんくさい人演じさせたら天才的な芝居するね。

ドラマ「銭の戦争」を見るたびに、「お金は目的ではなく“手段”である」という事を再確認させられますね。 主人公の草なぎも、渡部篤郎演じる赤松と同様、結局はお金に取り憑かれてしまったけど、このドラマは本当に名作。 pic.twitter.com/K1QM7zNqqW

◆『お義父さんと呼ばせて』(2016)

脚本:林宏司
出演:遠藤憲一、渡部篤郎、蓮佛美沙子、新川優愛、中村倫也、山崎育三郎、品川徹、和久井映見

遠藤憲一と渡部篤郎主演によるホームコメディドラマ。大道寺保は結婚式を挙げた幸せそうなカップルを見て、28歳年下の恋人・花澤美蘭にプロポーズする。その頃、花澤紀一郎は、妻の静香から娘の美蘭に恋人がいることを聞き…。

1 2