1. まとめトップ

【東京】返済不要の奨学金制度がある看護学校

一定の条件を満たせば、奨学金の返済が免除される制度があります。学費がかからないのってすごくありがたいですよね。学校選びの参考に。

更新日: 2019年06月10日

1 お気に入り 178 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

anemone.erさん

東京都の看護師等修学資金貸与事業

これは学校の奨学金ではなく、東京都が行っている事業です。

都内の看護師等養成施設に在学し、将来都内で看護業務に従事しようとしている皆さんの修学を支援する、「看護師等修学資金貸与制度(貸付制度)」を設けています。

以下で「看護師等養成施設」とあるのは、都内の保健師、助産師、看護師及び准看護師を養成している、専門学校(通信制を含む。)、大学(大学院を含む。)、高等学校(衛生看護科)のことです。

1.第一種貸与
◎返還免除規定あり
・養成施設卒業・免許取得後、直ちに指定施設で引き続き5年間看護業務に従事した場合
・大学院修士課程修了後、1年以内に都内医療機関で引き続き5年間看護業務に従事した場合
書類提出により、返還金が免除になります。免除に該当しない場合は、貸付を受けていた期間内で必ず返還していただきます

JR東京総合病院高等看護学園

本学園では東日本旅客鉄道株式会社による授業料納付猶予・修学資金の貸与による学習支援を行っています。

授業料納付猶予月額20,000円※1
修学資金貸与
(選択)月額28,000円※1
    月額56,000円※2
※1
JR東京総合病院もしくはJR仙台病院に就職して、満3年経過した場合は免除されます。
※2
JR東京総合病院もしくはJR仙台病院に就職して、満5年経過した場合は免除されます。

東京新宿メディカルセンター附属看護専門学校

東京厚生年金看護専門学校を卒業した後、引き続き東京厚生年金病院の看護師として勤務し、勤務した期間が奨学金の貸与を受けた月数に達した時、返還の全額免除を受けることができます。但し、勤務した期間が1年以上のものに限ります。

奨学金 月額    30,000円
 奨学金 年額(1年間)   360,000円
 奨学金 上限額(3年間)  1,080,000円
 最大免除額  1,080,000円

東京女子医科大学看護専門学校

卒業後、所定の手続きを経て直ちに本学附属病院に就職した者は、勤務年数により返済が一部・または全額免除になります。

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校

奨学金は無利息で貸与しており、東京山手メディカルセンターにおいて3年間看護師として業務に従事した場合は返還免除となります。ただし、奨学金貸与資格の取り消し(退学や留年など)や東京山手メディカルセンターへ就業できない場合は一括返還となります。
月額(貸与期間):50,000円(正規の修学期間3年間)

帝京高等看護学院

本学院を卒業後、看護師の免許を取得し、奨学金の貸付を受けた期間、帝京大学グループの各病院に勤務した場合は、返還を免除します。

月額30,000円(帝京大学医学部附属病院・帝京大学医学部附属溝口病院)
月額50,000円(帝京大学ちば総合医療センター)

板橋中央看護専門学校

卒業後(看護師の免許取得後)、IMS(イムス)グループ病院で看護師として引き続き、それぞれ貸与された期間以上(第1学科3年、第2学科2年)勤務した場合、奨学金の返還が免除されます。

第1学科の場合の奨学金
50,000円/月×36ヶ月(3年)=1,800,000円
第2学科の場合の奨学金
50,000円/月×24ヶ月(2年)=1,200,000円

聖和看護専門学校

卒業後、平成医療福祉グループの病院または施設等へ入職を希望する方を対象に、月額100,000円を貸与します。(審査あり)
貸与した奨学金は、卒業して資格を取得後、平成医療福祉グループ病院または施設等に勤務すれば、返還が免除されます。

1 2