1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

iPadOS爆誕…サプライズもあった『AppleWWDC』振り返り

新型MacProのサプライズもあった「AppleWWDC 2019」の発表総まとめです。macOS 10.15、iOS13、iPadOS、watchOS 6。いやあ、次から次へと魅力的な機能が発表されましたね。

更新日: 2019年06月04日

11 お気に入り 30021 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・WWDC 2019が開幕した

既存のiTunesを解体し、3つのアプリに機能を分割することを発表しました。

・iTunes自体はなくならない

音楽特化の「iTunes」と、「Podcast」および「Apple TV」という3つのアプリに分割されることとなります。

iTunesではこれまで同様音楽データの管理・再生やiPhoneの同期が可能。

・予想通りに来た新型MacPro

8つのPCIポートを搭載しており、4Kビデオ12ストリームに対応した文字通りモンスター端末

・そのモンスターっぷりが話題に

Mac Pro。6000ドルから。さすがに手が出るとかいう話じゃないなぁ。

Mac Pro、いい感じのスペックにすると200万近くになるので、完全に昔のワークステーションの価格帯だな。さすがに家に置くものではないか。

新しいMac Proのオプションの足、あれで数万くらいしそう笑 他社製で面白そうなのが出るまで待つのが良さそう。

新しいMac Pro、あの構成なら、販売価格の値段据え置きで中身を年ごとにアップグレードしていけるね。

・macOS 10.15の名称は『Catalina』

CatalinaではiPadを外部ディスプレイとして使えるSide-car機能により、タブレット対応アプリは、iPadとApple Pencilの組み合わせでタブレットとして使うことができる。

Project Catalystにより、iPhone、iPadと同様にMac対応のネイティブアプリをXcodeで作ることが可能になった。

ARではRealityKitを導入し、フォトリアリスティックなレンダリングがサポートされている。ARKItはバージョン3に進化し、モーションキャプチャも可能にした。

・高速、軽量化した、iOS13

1 2 3 4