1. まとめトップ

オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルコーデまとめ

オフィスでの勤務や外回り等、男性はスーツの場合が多いですが特に女性はオフィスカジュアルの指定が多く何を着たらいいのか迷うこともあると思います。新入社員の皆様や、オフィスカジュアルのコーデがマンネリ化してきたなと思う皆様にコーデをいくつかご紹介していきたいと思います。

更新日: 2019年06月04日

3 お気に入り 3989 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

事務職から派遣、様々なオフィスで働くたびにその会社にあった服装選びを重ねて参りました。初めてのオフィスカジュアル、マンネリ化してきたオフィスカジュアルコーデの打破にご協力できれば幸いと思い、オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルコーデをご紹介していきます。

kirazuさん

新社会人や、転職したての新入社員さんもぶつかる壁【オフィスカジュアル】

内定者懇親会に行く服装がわからない 助けて..... 私服...とは...オフィスカジュアル...とは.. しぬうううううううう

@min____2 男性に比べるとかなり自由だよねぇ。あそこまで自由だと逆に面倒服選ばなくていいスーツが手っ取り早い…。男はどうせスーツと大差ないからスーツでいい…、オフィスカジュアルとは。

オフィスカジュアルとは

オフィスカジュアルのルールは基本的にお客様の対応時にふさわしく、かつかっちりしすぎないことです。
ビジネス用の服装でありながら、スーツよりは少し崩した服装がオフィスカジュアルなので、基本的には、カーディガンorジャケット+シャツ+パンツorスカートといった服装が無難であると言えるでしょう。

ただ、このルールを基準としていても、カジュアルすぎて仕事よりはプライベートの印象を持ってしまうコーディネートになる場合もあります。

しかも、オフィスカジュアルははっきりとした基準が無く、企業によって着ても良い洋服のラインが違ったりするので、これと言うように定義するのはとても難しいです。
そのため、会社の先輩方の雰囲気を見て洋服を選ぶ必要があると言えるでしょう。

「会社で着られる服」を探しに来る方は多いけど、よくよく話を聞いてみるとデニムやTシャツでもOKな人〜ジャケット必須色物や装飾NGな人まで多種多様で、一般的なオフィスカジュアルではなく「その人の勤める会社で着られる服」を我々販売員は探らなければいけないのだ…と痛感する

色物や柄物NGなところもあれば、青色のデニムでなければ黒のスキニーでも可なところもあり、その線引きは様々…

オフィスカジュアルに絶対NGなもの

■過度な露出(オフショルダーやミニスカートはNG)

オフショルダーやキャミソール等の過度の露出はNG
パンツスタイルならロングやサブリナパンツがGOOD

膝より丈の短いミニスカートはNG
膝から下の丈のものを選びましょう

■派手なカラーや柄はNG

ビビットなカラーはNG
かと言ってモノトーンでそろえるのもあまり宜しくない為、落ち着いた色味を選びましょう
派手すぎないペールトーンやブラウン系の色味がおすすめです

アニマル柄等の派手な柄はNG
花柄でも派手な花柄はNG
落ち着いた色合いの花柄や小花柄、細かいドット柄であれば大丈夫ですが、会社によっては無地でないとNGなところもあるので周りの雰囲気や先輩の着ているものを確認することも必要です。

オフィスカジュアルでは、カジュアルすぎる印象の洋服や小物もNGです。
例としては、ジーンズやスニーカーなどが挙げられます。

オフィスカジュアルでパンツを選ぶ場合、デニム素材のものではなく、テーパードパンツなどビジネスにふさわしい洋服を選びましょう。

スニーカーに関しては、こちらも企業によって基準が異なりますが、NGな企業が多いです。

女性の場合、オフィスカジュアルにスニーカーを組み合わせるとカジュアルすぎる雰囲気になってしまうため、脚が疲れてしまう場合にはヒールが低いものや、ペタンコ靴など革製の靴を選びましょう。
また、スニーカーやジーンズを例として挙げましたが、それ以外の小物としては派手すぎるアクセサリーもNGです。

デニム素材もNG
基本的には黒でも白でもデニム素材はカジュアルな印象があるためNGとされているところが殆どですが、場所によっては黒や白ならOKな会社もあります

オフィスカジュアルの鉄板アイテム

白のシャツブラウスはオフィスカジュアルの鉄板アイテム
パンツスタイルにもスカートにも合わせられます

パンツスタイルもおすすめ
きちんとした見た目で柔らかい素材のパンツはお仕事着として楽に着用できます

ベージュ系の色合いは◎
センタープレスできちんと感があり、ゆったりとした素材でもオフィスカジュアルとして使用できます

出典zozo.jp

落ち着いた色味であれば柄物も◎
ただし会社によってはNGなところもあるので注意が必要です

長めの丈のタイトスカートは◎
イエローでも、ペールトーンの落ち着いた色味であればOK

ネイビーのカラーブラウスも、露出が少なく落ち着いた印象であればOK
濃い目のブラウスにペールトーンのタイトスカート合わせが素敵です

まとめ

オフィスカジュアルのコツは、
「できるだけベーシックカラーでまとめる」
「ダボっとしすぎるシルエットを選ばない」
「派手な色を選ばない」
「肌の露出は肩から下と、ひざ下程度に抑える」
の4つと言えます。

オフィスカジュアルの基準は曖昧で企業によってことなるので、会社でオフィスカジュアルを採用している場合はこの4つを守りつつ、周囲の雰囲気を参考に少しずつ崩してみましょう。なかなか基準がわからずにどんな洋服を着ていけば良いのかわからない場合は、黒系や白系のトップスとボトムスで組み合わせると安心ですね。

1