1. まとめトップ

高級ブランデーのコニャックの5大ブランド

コニャックの5大ブランドについて

更新日: 2019年06月05日

1 お気に入り 2157 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大好きなコニャックについて調べてまとめています。

gojalさん

◆ コニャックの5大ブランド

【ヘネシー】・【レミーマルタン】・【マーテル】・【クルボアジュ】・【カミュ】になります。

この中でももっとも大きい企業は【ヘネシー】になります。

【ヘネシーについて】

ヘネシーは現在、ルイ・ヴィトングループの1つになっています。ヘネシーコニャックの売上はコニャック市場の約39%を占めています。

売上規模に関しては レミーマルタン・マーテル・クルボアジュ・カミュ を足した売上よりも高くなっています。

250年以上の歴史を誇るコニャックブランド「ヘネシー」。日本でも定番のコニャックブランドであり、高級酒の代名詞的存在です。 ヘネシーはブレンド技術の高さに定評があり、30万樽以上の原酒から、最高の相性のブレンディングを行って製品化しています。コニャックの定番ブランドの1つです。

【レミーマルタン】

レミーマルタンはヘネシーの次によく耳にするブランデーだと思います。こちらはブランドプロモーションやイメージキャラクターの起用には比較的積極的なブランドです。

コニャックの代名詞とも言われるブランド「レミーマルタン」。 最上級のブドウ畑である「グランド・シャンパーニュ」と次にランクの高い「プティット・シャンパーニュ」から収穫されたブドウのみで作られた最高品質のコニャックです。

ケンタウロスのロゴがトレードマークであり、こだわりのブドウから作られるレミーマルタンのコニャックは芳醇でコクのある味わいが魅力です。香りと口当たりが非常によく、高いアルコール度数を感じさせないまろやかさがあるコニャックです。

【カミュ】

150年以上の歴史を誇る家族経営のコニャックブランド「カミュ」。 最高の品質を求め続けているコニャックブランドとして有名であり、口に含んだ途端に広がる芳醇でまろやかな香りが特徴です。こちらもコニャックを代表する銘柄の1つです。

カミュは1863年にフランス南西部のコニャック地方で設立されました。伝統的な家族柄機影を守り続けてきた稀有なメーカーであり、家族経営のコニャックメーカーとしては最大級の規模を誇っています。

その伝統を重視するスタイルから「コニャックの名門」と称されており、世界中で高い評価を得ているブランドです。

また、過去にロンドン国際ワイン・スピリッツ コンペティションに3度参加し、その全てで金賞を受賞しており、その品質の高さから「世界最高のコニャック」とも称されています。

素晴らしいコニャックですが知名度がさほど高くないのは宣伝広告費が捻出できていないというのが理由と言われています。

【マーテル】

大手コニャックハウスの中で最古の歴史を誇るマーテルは、1715年の創業以来、独特の製造法で、最高のコニャックづくりが伝承されてきました。優美さ、複雑さ、そしてバランスが、マーテルスタイルの真髄です。

1715年にジャン・マーテル(1694-1753年)によって創立された。フランスの酒造グループであるペルノ・リカールの子会社マーテル・マム・ペリエ・ジュエが所有しています。

マーテルは1831年に最初のVSOP (Very Superior Old Pale) をつくり上げた。海外輸出も継続し、日本をはじめ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、韓国などといったアジア市場にも輸出されるなど、世界中にその名声が広まった。

【クルボアジュ】

クルボアジェは、サントリーホールディングス(大阪市)の子会社であるビーム サントリーが所有するコニャックのブランド

1809年にエマニュエル・クルボアジェと当時のベルシー市長であったルイ・ギャロワが、ワインとスピリッツの専門商社をパリ郊外のベルシーに共同で設立

【関連リンク】

1