1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今ドラッグストア大手の再編が話題

スギホールディングスは6月1日、ココカラファインと経営統合に関する検討と協議を開始すると発表した。

しかし、それより前の4月26日には業界4位のマツモトキヨシHDとも資本業務提携の検討に関する発表をしており、これも継続するとしている。ココカラファインはどちらと手を組むのだろうか。

ココカラはどちらを選ぶのか・・・

【ニュース】ココカラファインが選ぶのは「スギ」か「マツキヨ」か 業界再編の波 wwdjapan.com/articles/870298 pic.twitter.com/gWYm7yhg0P

マツモトキヨシとスギとの協議を並行して行っていく方針で、業界再編をめぐる大手3社の交渉は、激しさを増している。

ドラッグストア業界は合併が多すぎて原型がわからんな

近年ドラッグストア市場は急伸している

実はドラッグストアで売上の多くは

最も大きいのが「食品」で1兆4915億円と全体の26%を占める結果に。“ドラッグ”ストアとはいいつつも、一番売れているのは食品

店頭で売られる安いトイレットペーパーはカップ麺は・・・

ドラッグストアの来店客の中心は女性で、特に30~50代にかけて層が厚くなっています。また少子高齢化が進むにつれて60代以上のシニアの割合も増えています。

小さな子どものいる家庭では、オムツやベビーフードなど、ペットのいる家庭ならペットフード、要介護者のいる家庭では介護用品といった目的買いの利用客に、ドラッグストアで食品をついでに購入してもらうといった流れを作ることができます。

客を店内に呼び込み、利益率の高い医薬品や化粧品で儲けるモデル

食品で儲けようとは考えていません。ドリンクやカップ麺などは原価ぎりぎりか、ものによっては赤字覚悟で販売価格を設定している

利益率の高い医薬品や化粧品で稼げるので、食料品や日用品では儲けられなくても問題はない。

ある上場ドラッグストアの開示資料をひも解くと、医薬品と調剤の粗利率は30%台後半、化粧品の粗利率が30%超とありました。

1 2