1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

vitamins0617さん

●アナウンサー試験で内定をもらえる人

自己PRも志望動機も完璧で、原稿読みもナレーションもフリートークも完璧で、エントリーシートもパーフェクトならば、あっさりと内定

エントリーシート
自己PR
志望動機
原稿読み
ナレーション
フリートーク(1分、3分、5分時間感覚、即時描写・パネルトーク)

「心意気と思いやり」のある人。

メ~テレ 倉橋 友和さん

1つの物事を表現するのに、どんな言葉が最適か?を模索し続ける根気強さと、自分の話だけではなく相手・他人の話にしっかり耳を傾けられる人が向いている仕事だと思います。

人と同じではぜったいダメです!

なぜアナウンサーをめざすのか?有名になりたいから?

●自己PR/エントリーシート/課題提出(動画)

なぜ、アナウンサー職でなければ、ダメなのか?

他業種、他職種、他局ではダメな理由は?

私たちはアナウンサーになって何をしたいのかということを聞きたい。

アナウンサーになって自分がどういうことをしたいのか、どういう風に生きたいかということを聞かせてほしいんですよ。

テレビ朝日 下平さやかさん

なんでアナウンサーになりたいのかを考える時間とか、自分の引き出しをたくさんつくる方が大切

日本テレビ 岩本乃蒼さん

個人的にはアナウンススクールに行くことはマストではないと思うな。原稿の読み方とか発声発音って大切だけど、テクニックは会社に入ってからたくさん教えてもらえるからね。

大学に入ったらひとつのことを貫いてみるといいと思います。4~5年やるとモノになると思いますね。

日本テレビ 桝太一さん

日頃の生活があなたのフリートークに出てくるんです

「桝太一くんは日テレに入社したときに『コンビニ研究するのが趣味です。コンビニについて何でもお題を出してください。1分でも2分でも3分でも5分でも話します』と言って、本当にそれをやってのけました。日頃の生活があなたのフリートークに出てくるんです」

1番大事なのは、内容より話す雰囲気!

この子に会ってみたいなと思われるかどうかです!

●活舌練習:母音

あいうえお、いうえおあ、うえおあい、えおあいう、おあいうえ

●活舌練習:五十音

あえいうえおあお
かけきくけこかこ
させしすせそさそ
たてちつてとたと

●活舌練習:「サ行」と「ラ行」

アナウンサー試験でチェックされるのは、「サ行」と「ラ行」です。

アナウンサーになるために、最低限必要なのは、「滑舌」です。
「滑舌」とは、「くっきりはっきり発音する」ということです。

●発音練習:鼻濁音

●発音練習:母音の無声化

母音の部分を発声せずに、子音のみを発声すること

水族館=すいぞっかん

※母音の無声化は、関西圏出身者は苦労するといわれている

1 2 3