1-7とリードされて迎えた3回、ラステラが安打で出塁した後、トラウトが今季第15号本塁打で2点を返した。さらに大谷が4球目のストレートを引っ張ると、鋭い打球が右前へ飛んだ。

 さらに続くプホルスが、レフトへの二塁打を放ち、エンゼルスは4連打。1死二、三塁として、カルフーンの内野ゴロの間に大谷が還ると、続くフレッチャーも中前に運びさらに1点を返した。

出典大谷翔平、第2打席で強烈右安打 エンゼルスはトラウトの一発を皮切りに一挙4得点 | ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)

前へ 次へ