1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●昨年秋から議論となっている「妊婦加算」

妊婦であるかどうかの確認は、医師の判断によって行われ、必ずしも妊娠反応検査の実施や母子健康手帳の確認は必要ありません。

また、妊婦加算はどの診療科でも算定され、妊娠に直接関連しない傷病について診察を行った場合にも算定されます。

・しかし、2019年1月から凍結となっていた

自民党の厚生労働部会は、妊婦加算を激しく追及。連立を組む公明党の厚生労働部会からも見直しの要望が出された。

●そんな中、厚労省が「妊婦加算」について実質的に再開すべきだとする提言をまとめた

厚生労働省は6日、有識者らによる検討会を開き、妊婦が医療機関を受診すると自己負担が上乗せされる「妊婦加算」に関し

制度を見直し、凍結中の妊婦加算を実質的に再開すべきだとする提言をまとめた。

有識者会議は、「単に妊婦を診療しただけで加算される形での再開は適当ではない」とする一方、料金の上乗せ自体は必要だとする意見をまとめた。

・意見書では、必要な要件や制度の名称を改めて検討するよう求めているという

妊婦加算は、母体と胎児への影響を考慮した診療を手厚くするための制度として、2018年度に導入された。

2020年度の診療報酬改定を議論する中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で取り上げられる。

また意見書では、受診した妊婦の自己負担について「子どもを欲しい人にとってディスインセンティブ(阻害要因)にならないようにすることが必要」とも要請。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

妊婦加算再開するのねぇ ちゃんと算定要件見直してくれてればいいけど

「妊婦加算」自体が問題なのではなくてそれを妊婦本人が負担せよっていうのが問題なのよ、そこは国が負担してくれよ

妊婦加算より高齢者の医療費負担割合増やした方がよくね……

いや、妊婦加算自体は仕方ないよ。医療関係者の激務さ知ってるし本当に特別な配慮するためなら必要経費だと思う。けど子供産んでほしい国がやることかって制度が多過ぎてそりゃ人減るわなっていう

妊婦加算が嫌というよりは、妊婦加算あってもどうせ今まで通りの診療内容で今まで通りのたらい回しだろうなってのが嫌。

@YahooNewsTopics 妊婦加算はあったほうがいい。 でも、支払いは国・自治体が負担すべき。 もし妊婦が負担するべきと言い張るなら、なぜ高齢加算はないの? 高齢者は腎機能・肝機能が低下してて副作用リスク考えなきゃだし、多剤併用するときも相互作用考えなきゃ‼️

・一方でこんな声も‥

妊婦加算だか知らんけど、妊婦に優しい国にしないと永遠と少子高齢化から抜け出せないと思う。

妊婦加算が自己負担ならその分だけ今までよりも質のいい診療が受けられるんだろうな?そうじゃなけりゃ意味わからんのだが

1 2 3