1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

松たか子が大泉洋の妻役!『ノーサイド・ゲーム』が豪華キャスト

2019年7月期に放送される大泉洋主演×池井戸潤原作『ノーサイド・ゲーム』。豪華追加キャストが発表され、人気&実力派女優の松たか子、大河ドラマ主演経験者の中村芝翫&上川隆也の出演が決まった。

更新日: 2019年09月18日

4 お気に入り 52033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆大泉洋が主演する夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』

放映されるのは、これまでも「半沢直樹」「下町ロケット」といった大ヒットを生んできた日曜劇場枠。

◆原作は池井戸潤の書き下ろし新作

原作は今月13日に刊行されるヒットメーカー・池井戸潤氏の書き下ろし新作。

2019年6月

大手製造メーカーのサラリーマン・君嶋隼人(大泉)は出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまでいわれたが、ある理由で左遷されてしまう。地方の工場に赴任し、やるせない気持ちの中、成績不振にあえぐ自社のラグビーチームの再建も任される。

日曜劇場と池井戸氏のタッグは『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット(2015年放送)』『陸王』『下町ロケット(2018年放送)』に続き6作め。

◆これまでの池井戸作品チームが再集結

大泉洋(左)と福澤克雄(右)

今作のプロデューサーには伊與田英徳、演出には福澤克雄と、TBSで数々の池井戸作品を映像化してきたスタッフが集結。

福澤克雄氏は、幼稚舎から大学まで慶應に通ったというエリートで、小学5年からはラグビー一筋。高校時代には日本代表に選ばれ、大学では日本一に輝いた経験もある人物。福澤諭吉の玄孫にあたる。

丑尾健太郎が脚本に名を連ねた。

『小さな巨人』『ブラックペアン』『下町ロケット2』『七つの会議』など

◆そしてついに豪華追加キャストが解禁 松たか子が妻役に

左から中村芝翫、松たか子、上川隆也

追加キャストとして、女優の松たか子、歌舞伎俳優の中村芝翫、俳優の上川隆也の出演が発表された。

松は主人公・君嶋(大泉)の最大の理解者にして夫を尻に敷く妻・真希役。

「君嶋隼人の妻として、日々闘う夫や息子たちをとにかく応援していきたいです。真希の言動で旦那さんが一歩踏み出せたりするような、無意識でも補い合えるチームワークを夫婦間・家族間で作れたらいいなと思っています。」

松たか子のコメント

【松たか子】

1996年『ロングバケーション』、1997年『ラブジェネレーション』、2001年『HERO』と月9ドラマに出演し、30%前後の高視聴率を記録。2014年にはディズニー映画『アナと雪の女王』で声優を務めた。父は歌舞伎俳優の二代目松本白鸚(九代目松本幸四郎)。

◆中村芝翫は主人公が左遷されるきっかけとなった人物を演じる

芝翫は君嶋が工場に飛ばされる原因となった企業買収先であるカザマ商事の三代目社長・風間有也役。

「風間という男は創業者の孫で三代目社長。50歳を超えたこの風間という男が今も引きずっている親の七光りを一つ消し二つ消し、その中でも生きる人間としてのプロセスを描いていけたらいいなぁと。そういう人でも魅力があるというところを見せたい。」

中村芝翫のコメント

芝翫さんは、物語をけん引していく重要な役どころを演じていただきます。どんな敵役になるのか大変楽しみにしております。

伊與田英徳プロデューサーコメント

【中村芝翫】

七代目中村芝翫の次男。1980年三代目中村橋之助を襲名。1980年映画「ダウンタウンヒーローズ」で第12回日本アカデミー賞新人賞を受賞した。NHK大河ドラマ「毛利元就」では主演を務めた。2016年、八代目中村芝翫を襲名。

◆天敵役には上川隆也を起用

1 2