我等は我等が意識する以上に本能のどん底から死を恐れてゐるのだ。運命の我等を将て行かうとする所に、必死な尻ごみをしてゐるのだ。

出典運命と人

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

有島武郎名言集 せっかくだから、俺はこの赤の騎士を選ぶぜ!

1878〜1923 日本の作家『カインの末裔』『惜みなく愛は奪ふ』

このまとめを見る