1. まとめトップ

仕事が出来ない人の特徴

仕事が出来ない人の特徴をツイッターからのつぶやきも参考にまとめてみました。皆さんは思い当たるところないですか?

更新日: 2019年06月18日

4 お気に入り 1681 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

acura32tlさん

【1】言い訳をする

子供が…、仕事が…、目が… 言い訳ばかり。本気でやってないことをごまかすための言い訳ばかり。

「おっと、流石に休みすぎたな。まあいい。この休暇が、仕事の効率を上げるんだ。」「サボる人の言い訳はみんな同じね。」(小野塚小町&博麗霊夢)

それなりの覚悟がないやつは結局中途半端。 何事もうまくいかないやつはなにかしら言い訳を考えて生きてる。 誰かのせいにしたり、仕事のせいにしたり、自分の環境のせいにしたり、 いつまでそれやり続けるんだろうね。 #投資 #資産運用

言い訳する人の心理

自分の非を認めることで責められたり、見下されたり、恥をかくことを恐れています。

言い訳する人への対処法

合理的な言い訳、すなわち不測の事態が起こった場合は仕方がないのですが、人に責任転嫁をするような苦しい言い訳をした場合には、あいまいな態度を取るのではなく、厳しく追及して叱責します。

【2】出社時間ギリギリに来る人

今の新人って時間ギリギリに出社するのが当たり前なん?(もしくは遅刻) 確かに何分前には来てとか指示してないけどさ、ギリギリに来るとかこっちからしたらもしもの時に直ぐに動けないから辛いんだけど…

出社時間ギリギリで来る人の心理

出勤時間ギリギリに来るタイプの方の言い分としては、それは出勤時間が決められているのだから、その時間に来れば良いではないか。ということでしょう。

出社時間ギリギリに来る人への対処法

ギリギリに来ている人に、もう少し早く来るようにといったところで、根本的に納得していない場合は結局は解決に至らないことが多いでしょう。

だったらもう気にしない。私は早く行ってゆっくり仕事を始めるのがあっているけれど、あの人は、ぎりぎりで来るほうが合ってるんだな。

そう考えるようにしましょう。

相手の行動を正そうとすることは、かなりの労力が必要です。

それなら自分の考え方を変えるほうがずっと楽ですよね。

ただし評価が異なる可能性がある

時間ギリギリに来ることはいけないことではありませんが、少し早めについて準備をしている人の方が、しっかり段取りが組めたり、仕事の納期なども余裕を持って取り組んでくれそうだなと思ってもらえます

【3】同じミスを繰り返す

ミスの直らない先輩。 「次回から気をつけます」と言って、また同じミスをする。 単純作業のミスではなく、手順とやり方の問題。 本人にとって、上手くいかなかったという認識(発見)がなかった様子。 周囲が、こうしたらいいんじゃないかと対策を伝えてもダメだった。 ヤらかすのが目に見えていた。

ミスをすることは悪いことじゃない。 それは上達するためには必ず必要なもの。 ただし、同じミスはしないこと!

何にせよ作業ひとつ、仕事ひとつにしてもスピードが遅く必死さも伝わってこない。 同じミスを繰り返す。 社長もついに研修期間を普通の3ヶ月から倍の6ヶ月に伸ばした。 でも本人、その理由をはっきりとは理解していない模様。 そして今日はとりあえず伝えた(続

チョケんのと切り替えんのはちゃうぞ自省がないから同じミスを繰り返すねん

教育的指導をしても何度も同じミスを繰り返すヤツ、脅迫的指導に切り替えるしか無いか?。

ミス繰り返す要因は意外にも。。。

一つ目は「疲労による集中力の低下」。毎日同じ体調で仕事ができれば苦労はありませんが、ほとんどの人は寝不足や眼精疲労など、体のどこかに疲れを溜めてしまっているもの。その状態では集中力が低下してしまうのは当たり前のことですし、ミスも増えてしまうでしょう。

二つ目の原因は、意外にも社内の人間関係。厚生労働省による調査によると、働く人の不安やストレスの原因の第一位に、「人間関係」が挙がっているとのこと。「この原因は、毎回、断トツの1位。2、 3位は「仕事の質」「仕事の量」と続くのですが、実際、この2つの項目も人間関係の影響を受けていることが多くあります。ですから、ミスを繰り返してしまう原因として職場内の人間関係も考えられるのです。」に疲れを溜めてしまっているもの。その状態では集中力が低下してしまうのは当たり前のことですし、ミスも増えてしまうでしょう。

同じミスをしないための解決策

①仕事を点で捉えない
②自分の起こしやすい失敗のパターンを知る
③“自己流”を捨てる
④物理的にアプローチする

【4】時間の使い方が下手

1 2