就業規則上はあくまで8時間労働で、6時間で上がってもいい、ということにしているので。もちろん8時間以上働いた場合は残業代もつきますよ。

出典「当たり前を疑う。」1日6時間労働導入の狙い。 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

前へ 次へ