1. まとめトップ

【必読】仕事ができる人の考え方 NAVERまとめ

「この人、仕事できる」と思うことはありませんか?この人、仕事できるという人の特徴を挙げていきます。

更新日: 2019年06月13日

4 お気に入り 1613 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

仕事ができる人とできない人ではどこに差があるのか?その人の考え方・価値観・思考法に注目してみると分かりやすいかもしれません。そんな、仕事ができる人の思考法を5つ紹介していきます。

バリキャリの意味をご存知ですか?女性の社会進出が盛んになってから、キャリアウーマンやバリキャリという言葉をよく聞くようになりました。そんなバリキャリの考え方、思考法に迫ります!

「時給が高い会社」 軒並み商社がランクIN 学生さんの社員訪問 「商社ってコスパいいですよね❣❣」 と笑顔で言われて仰天したけど笑 長期にわたり 数千人規模でこの給与を出す ビジネスモデルを構築してるということは凄い 決して「今」の社員がすごいというわけでなし toyokeizai.net/articles/-/251…

女性の働き方、仕事の仕方とは?

未読無視が長い人、仕事できない人が多い説100%当たってないですか?仕事が出来る人って俺の中で100%返事が早いイメージです そして俺はそんな人たちをみて自分はそうならないようにしようといつも思う。 世の中の仕事は全部人と人との繋がり。だからこそそうゆう連絡って一番大切なんじゃないかな

女性は、出産や子育て、パートナーの転勤などで、仕事を変えたり、働き方を変えたりせざるをえないことも多いと思います。

最近は、出産後も働き続ける女性が増え、保育園に入園できない。など待機児童の問題がメディアを賑わせています。実際、女性の労働力率の変化を示したグラフで、出産・育児期にあたる30歳代で就業率が落ち込み、子育てがひと段落した40代で再度上昇するという「M字カーブ」は、ここ数年、ゆるやかになっています。「働くこと」と「育児」を両立させる女性が増えているのですね。

出典岩城みずほ『腹黒くないFPが教える お金の授業』(三笠書房、2018年)

そんなバリキャリの女性はどういう考え方で普段過ごしているのでしょうか?

①休日であっても分単位でスケジュールを刻む。
職場で頼られがちなバリキャリ女子。仕事中はもちろんのこと、プライベートでもデキるという印象を持たれることも多いようです。そのため、常に完璧な自分を演出していることもあるようです。休日であっても分単位でスケジュールを刻むこともあるとか。しかし、そういった自分に時々疲れてしまうということも多いようです。

バリキャリはかっこいいですよね。

②何事にも全力で取り組む
仕事に対して人一倍熱意の高いバリキャリ女子は、責任感も強いです。仕事を自分のプライドとして認識しているため、どんなことでも投げ出さない努力をします。その結果、重要なポストを任せてもらえるようになり、キャリアを積み重ねていくのです。また、プライベートに関してもそういった傾向が強いという人も多いようです。知らぬ間に誰からも頼られる「姉御キャラ」になってしまうこともあるといいます。

③キャリアのためには、「時間」と「便利さ」を買う
自分のキャリアのために子供が小さいうちは割り切って、家事代行サービスを使う。
食事の作り置きサービスを利用して、バランスの良い食事を整える。

家事代行サービスは1時間に4000円くらい。
月8回だと32000円ほど。

④自分磨きに時間をかける
バリキャリ女子と呼ばれる人は仕事も猛烈にこなしますが、かといって休日をダラダラと過ごすこともありません。仕事だけではなく、女性としても輝きたいという高い意識を持っている人もいるため、休日にネイルサロンやエステサロンに通うこともザラのようです。また、飲み会などに積極的に参加して顔を覚えてもらったり交友関係を広げることで、また新しいビジネスチャンスを掴む人もいると聞きます。

出典https://feely.jp/4548903/

自分磨きのためですね

⑤約500万円以上稼ぐ
一般的なサラリーマンの平均年収は約450万円~500万円で、一般女性では約280万円程度と言われています。

バリキャリ女子はこれよりも高く約500万円以上稼ぐと言われています。
なかには年収約800万円~1,000万円以上というバリキャリも存在します。

一般人の平均給与と比較するとバリキャリは高額の年収を稼いでいることになりますが、ハードな勤務をこなすので、年収が高いのも納得できます。

男性のハードルも高そうですね。

ブログを更新しました その心配って必要? “守りすぎる“上司のせいで仕事が進みません - DJあおいのお手をはいしゃく djaoi.blog.jp/archives/80005…

新入社員のみなさまへ 上司が罵倒しようがネチネチ言おうが気にしなくて大丈夫。 本当にやばいのは上司が真っ青になって上司の上司へ走って向かったときだけです。

山里亮太のすごいところは、『記者会見とラジオで先にしゃべりたい』という本人の意思を尊重して1日待ってくれたスッキリのために、1時間半しゃべった記者会見と2時間しゃべったラジオでも言わなかった、メチャクチャ強いエピソードを、ちゃんと残しておいたところ。 これが、できる男の仕事ぶり。

わたしは日勤のとき昼休みから戻ったら患者に「看護婦さんでもご飯食べるんですか」って言われたことあるよ。これ昔ブログに書いたらすごい怒りのコメントが寄せられた。「患者さんには悪気はなかったかもしれないじゃないですか!」「勤務の間は患者さんが一番ですよね!当然!」とかいう怒りの。

こんなの怒りコメントじゃない、もっと余裕を持ってつきあえというクソリプきましたー!当時他には「患者さんに頼りにされてるってことで喜ぶべきでは」「こういう扱いされることがわかっていて看護師になったのでは」という性暴力被害に対する二次加害&自己責任みたいな地獄コメもきてたんだよ!

こと看護師に関しては、あまり頭もよくない女が分不相応な給料をもらってこのご時世職にあぶれる心配をしなくていい、というのが気に入らない人も一定数いるようでして(トイアンナの「慶應卒の自分よりリッチなバリキャリになってた!」がいい例)文句言うのは許さん、って雰囲気はある。

だから「嫌なら辞めれば?(どうせ他にできる仕事なんてないくせに、できないなら黙ってお仕えしてろよ)」って感じで言うてくる人もおりましてな…

日本における女性の社会進出の歴史

近年、ニュースなどでよく耳にするようになった「女性の社会進出」の問題。現代社会におけるこの問題について考える前に、まずは日本の女性がどのようにして社会進出を成し遂げて来たかを知っておきましょう。

昔の日本では女性は家事をするのが当たり前の価値観だった

元々、日本社会では女性は子供を産み、育て、家事をするというのが一般的な価値観であり、夫婦片働きが主流でした。しかし、徐々に女性の社会進出は進み、現状では夫婦共働きも増加しています。 その契機となったのは、日本の敗戦です。

終戦後の1945年から、国内の女性による社会進出が少しずつ増えていきました。戦後の民主化政策によって、選挙権の獲得や男女の機会均等が実現し女性の権利が向上したためです。1950年からの朝鮮戦争による特需を契機に女性が働く範囲が広がっていきます。 その後の高度経済成長期を経て、現代のように女性が働くことが当たり前になっていったのです。

1 2