1. まとめトップ

パリジェンヌがおすすめする女性向けフランスの香水TOP5!

この記事では、私たちはお気に入りのフランスの香水ブランド、優れた特徴、そしてそれらを購入できるパリの香水店をレビューします

更新日: 2019年06月09日

8 お気に入り 13433 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

パリに拠点を置く私たちINSIDR(インサイダー)が生のパリ情報をご紹介します。これを読めばあなたもパリジェンヌ!?

INSIDR.PARISさん

フランスは香水の製造した最初の国ではありませんが、フランスの香水ブランドは世界でも最高のブランドと見なされています。古くから、人々は香水を作って、買って、身にまとってきました。フランスでは、カトリーヌ・ド・メディシスがフランスの裁判所で香水を普及させ始めたルネッサンス期に香水が普及しました。フランスは17世紀にプロヴァンスの農地をあらゆるタイプの香水の原料となる花とハーブの栽培地として、本格的に香水を作り始めました。今日も、フランス南部の同地域で香水の製造及びその原料の栽培が行われています。多くの企業が化学香料を使い始めましたが、多くのフランスの香水ブランドにとっては、天然の原料を使って香水製品を作るのが習慣となっています。この記事では、私たちはお気に入りのフランスの香水ブランド、優れた特徴、そしてそれらを購入できるパリの香水店をレビューします。

フランスのベストの女性向け香水ブランド

フラゴナールのベルシェリ(BELLE CHÉRIE)

お手頃な価格で伝統の職人技で作られたフランスの香水をお探しならば、フラゴナールがベストの選択です。フラゴナールの香水コレクションは、クラシックなフランスの香水を作る方法を学ぶため広範囲の訓練を受けた熟練した香水メーカーによって全て設計されています。原料はプロヴァンスの中心部に位置するフランス香水製造の中心地、グラースから調達しています。 ベルシェリの香りは、フランスのオレンジ、スターフルーツ、ジャスミン、ヘリオトロープ、スズラン、サンダルウッド、トンカビーン、バニラによる甘く洗練された交響曲のようです。その香りを表現するベストの方法は、フレッシュな香りのする花、果物、木の花束と比較することです。それは間違いなく素晴らしい毎日愛用できる香りでありつつ、あなたの財布にとてもやさしいのです!

フラゴナールの廃棄物を減らす努力は立派と言えるでしょう。なぜなら、彼らのすべての香水のボトルは詰め替え可能なのです。

シャリマー(SHALIMAR)

ゲランのシャリマーは、おそらくシャネルNo. 5に続く最も有名なフランスの香水です。香りはインド皇帝シャージャ・ハーンによってプリンセス・ムムタズ・マハルのために建てられたシャリマーの庭園にインスパイアされています。香水は1925年に発売され、ゲランのベストセラーの香りの1つです。シャリマー主な香り成分はネロリ、バニラとオレンジの花です。

シャネルNO. 5(CHANEL NO. 5)

フランスの香水ブランドのレビューは、シャネルNo.5に言及せずには完成しないでしょう。この有名な香水は、1921年にココ・シャネルによって年の第5の月の5日目(5月5日)に発売されました。シャネルはこの香水がフラッパーガールの本質とパリのジャズ時代の文化を捉えることを望んでいました。彼女は香水を上流社会の友人の選択されたグループに紹介し、それがたちまち香水をパリ中で象徴的なものにしました。1940、50、60年代にかけて、シャネルNo. 5はアメリカで人気を博し、ホームのフランスでも一貫して高い売上を記録しました。有名な発言として、1952年、マリリン・モンローがシャネルNo. 5は彼女が寝るために身に着ける唯一のものであると語りました。その香水は今日も世界で最も人気のある香りの1つです。

ディプティック・ロンブルダンロー(DIPTYQUE L’OMBRE DANS L’EAU)

ディプティックは、パリのモダンな高級ニッチ香水ブランドです。 彼らのベストセラーの香水は、ロンブルダンローで、これは「水の中の影」と訳します。この不思議な匂いの香りは、ブラックカラントの果実、オレンジ色の花、バラの芽とほのかな小枝、葉、土でバランスを取りながら、やや酸性のフルーティーな要素を添えています。香水は1983年に作成され、ユニークで魅惑的な香りを作り出すため非伝統的な成分を使用したアバンギャルドな香水として販売されました。それはすべてのディプティックによる香水がつくられる背景にある原則なのです。

パリでフランスの香水ブランドを購入するときのヒント

専門家に尋ねましょう

オペラ座近くのフラゴナールの香水博物館は、午後を過ごしたり、フランスの香水ブランドの歴史や作り方について学ぶベストの方法です。博物館では、香水に関するさまざまなトピックについて学ぶことができる「嗅覚トーク」と呼ばれる香水に関するガイド付きツアーや講演も提供しています。 何よりも、フラゴナールの香水博物館でのガイド付きツアーは完全に無料です!ツアーは20分ごとに始まり、さまざまな言語で提供されています。プロヴァンスまで行かずに本物のフランスの香水を手に入れたいなら、ここは最高の場所です。上記のように、博物館には古代エジプトから20世紀までのユニークなオブジェと珍しいコレクションも展示されています。香水博物館は、 3-5 Square de l’Opéra-Louis Jouvet, 75009 Parisに位置しています。

INSIDRからのヒント:香水博物館ツアー終了後は、香水を割引価格で購入できます!

サンプルを尋ねましょう

香水が大好きで一つの香りに決めきれない場合、ル・ラボに向かい、香りのサンプルをいくつか手に入れて自宅で試してみてください。ル・ラボ・ディスカバリーセットには、わずか25ユーロで5種類のミニフレグランスボトルが含まれています。サンプルは、あなたが完璧なマッチングを見つけるまで、さまざまな香りで遊ぶための素晴らしい方法です。

INSIDRからのヒント: パリを訪れていて香水を買う場合、ほとんどのアトリエは購入前にその香水が本当にあなたにとって正しいものか確信してもらうため、お気に入りの香水サンプルを喜んで自宅に送ってくれます。 尋ねることを恐れないでください!

香水のミックスクラスを受けましょう

あなたが完璧な香りを見つけることに特に専念しているなら、フラゴナールの香水博物館で提供されている香水ミックスクラスをチェックしてください。セッションは1時間半続き、フラゴナールの香水専門家が主導してくれます。香りの職人から、香りのプロファイル、ユニークな香りの作り方、そしてお気に入りの香水をデザインする方法まで学びます。90分の香水ミックスクラスは通常参加料95ユーロですが、今すぐあなたがINSIDRを通して登録することで無料で入場ができます。team@in-si-dr.comに電子メールを送るだけで、残りのお手続きは私たちが致します。

1