幕末から明治前半に西洋から伝わった頃には、「焼石」や「煉化石」などと訳され、その後「煉瓦」という呼び名に落ち着いたのだという。

出典「ナガジン」発見!長崎の歩き方

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「レンガ」に「コンロ」…外来語と勘違いされがちな日本語7選

よくカタカナで表記される「レンガ」に「コンロ」。これらが何語かご存知ですか?──実は、それぞれ「煉瓦」「焜炉」と漢字で書ける日本生まれの言葉(=日本語)です。日本人なら絶対知っておきたい、多くの人が外来語と勘違いしている日本語を集めました。

このまとめを見る