1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国民年金が免除!? ”こっそり”始まってた子育てサポート制度

2019年4月からスタートしている国民年金第1号被保険者を対象とした国民年金保険料が免除される制度が話題に。子育てをサポートする制度がTwitterで周知されていました。

更新日: 2019年06月09日

25 お気に入り 24219 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

知らないと損するかも…

nyokikeさん

▼おいおいマジかよ〜! 妊婦を助ける制度が”こっそり”始まっていた

妊娠したら国民年金の免除を申請!2019年からの新制度 edgenews.jp/tax-system こういう制度も出来たんだなーと。 ほとんどの人が知らないだろうし、言わなきゃ誰も使わんだろ感はプンプンするけど。

妊娠したら国民年金の免除を申請!2019年からの新制度 edgenews.jp/tax-system 出産前後4ヶ月分の国民年金保険料(65,410円)の支払い免除を受けることが出来る制度。4月からひっそり始まってた。ただし、申請しないと自動的には免除されない。気になる人は市区町村や年金事務所に問い合わせよう。

金融庁が「老後に2000万円が必要」と記した報告書を受け、社会不安が広がり、年金への注目度が高まった。そのなかで、女性の出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が話題となっている。

・国民年金第1号被保険者が対象となる国民年金保険料の免除制度

改正の対象となる方は、国民年金第1号被保険者で、出産日が2019年2月1日以降の方ということになります。

国民年金第1号被保険者→自営業の方や、夫が自営業者である妻など

免除される期間は、出産予定日または出産日が属する月の前月から4カ月間です。双子以上の妊娠の場合は、出産日または出産予定日前月の3カ月前から6カ月間です。

なお、出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます(死産、流産、早産された方を含みます)。

例えば、出産月が5月なら、4月から7月の4カ月分の保険料が免除の対象です。2019年の国民年金保険料は月額16,410円なので、4カ月分の保険料は65,640円になります。

その他、保険料を前納している方は、産前産後期間の保険料の還付を受けることができます。また、産前産後期間については、保険料は免除されますが、付加保険料は納付することができます。

・保険料免除?ってことは将来貰える金額が減るの??

@maimai0409 でも、免除ということは、その間納付する年金保険料はゼロ円になるわけで、総納付額で受給額決まる現制度だと、追納しない限りは、将来的にもらえる額減るのでは? 免除してる期間は国が免除額分充当してくれると嬉しいんですけれどね!

@NL_ymikuni 免除って書き方ですけど 産前産後の4月については納付したものとみなされますよ

@shift48 厚労省のHP見てきたら、たしかに年金保険料を納めたものとして扱うって書いてありますね! nenkin.go.jp/service/kokune…

保険料が免除になるということは、将来受け取る年金額が減ってしまうのではと心配になりますが、その点は安心して大丈夫です。年金額は保険料を支払ったものとして計算されますから、将来の年金が減ることはありません。

・保険料免除制度や納付猶予制度を受けている場合は?

収入の減少や失業等により保険料を納めることが経済的に難しいときの手続きに保険料免除制度や納付猶予制度があります。

保険料の法定免除や申請免除、または猶予を受けている場合は、産前産後免除とどちらが優先されるでしょうか。

これらの方が産前産後免除を受ける場合は、産前産後免除が優先されます。産前産後免除期間終了後は、改めて手続きをすることなく、免除や猶予を継続して受けることができます。

・【注意】自動で免除されません

ただ、気をつけなければならない点がある。制度は自動で免除されるのではなく、住民登録をしている市町村の国民年金担当窓口に必要書類とともに申請が必要だ。

出産予定日の6カ月前から年金事務所、または市区町村役場で申請ができます。ただし、申請できるのは2019年4月からです。事前の受付はできません。

出産後でも手続きは可能

住民登録をしている市区町村の国民年金担当窓口へ申請書を提出します。申請書は、提出可能な2019年4月から年金事務所または市区町村の国民年金の窓口に備え付けられます。また、2019年4月以降からホームページからもプリントアウトすることができるようにする予定です。

▼”こっそり”始まっていたこの制度に様々な声が聞かれました

@maimai0409 @nozomikunnu このタイトルじゃ勘違いするな、、、 誰でも妊娠すれば免除じゃないっすよ!1号被保険者すなわち自営業系だけです!共働きの奥さんとかは対象外です(←ここ重要だよね) pic.twitter.com/69hR7zy7fB

@maimai0409 2月に出産し、4月分の1回だけ免除の申請ができるということで手続きしましたが、とても簡単でした! 紙一枚に年金番号と住所など書き込んでポストに投函するだけでした。印鑑も証明書のコピーも不要。知らなきゃ損ですね。

@yusai00 母子手帳に書いてますよ~ 時効もなく、全額納付扱いだったはず

@yusai00 現妊婦です。産婦人科にこの事を書いたポスターが貼ってあるのを見て初めて知り最近申請してきました! 母子手帳にもありましたが、うちの市の母子手帳は分厚くてなかぬか読む気無いんですよね… いい制度なんだから大々的に伝えて欲しい!と思いました。

@yusai00 こおいう『市民が動いて申請しないといけない制度』他にもたくさんありますよね。失業した時まも、一定の基準をクリアしてれば国民年金も3ヶ月分免除です。でもね、国民年金に切り替える時に市役所の人からは『ひと言も!』説明はありませんでした。お役所仕事過ぎてため息しか出ません。

1 2