1. まとめトップ

感動!『伝説のスピーチ』『名言』動画まとめ

スピーチ、プレゼン、授業、映画。あらゆるジャンルから動画をまとめました。どれも心揺さぶるものばかりです。厳選したので人生のヒントにして頂ければ幸いです。

更新日: 2019年06月10日

2 お気に入り 1975 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kat_tさん

「バカとブスこそ東大に行け」

社会の本質を言っています。

『ドラゴン桜』(ドラゴンざくら)は、2005年7月8日から9月16日まで毎週金曜日22:00 - 22:54[1]に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は阿部寛。

「才能はコンプレックスの裏側にある」

オリラジ中田流、才能の見つけ方ですね。

日本のお笑いタレント、実業家。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。

「塞翁(さいおう)が馬」

一喜一憂はしません。

日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員、日本学士院会員。学位は大阪市立大学博士(医学)。その他称号としては京都市名誉市民、東大阪市名誉市民、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授、広島大学特別栄誉教授、ロックフェラー大学名誉博士、香港大学名誉博士、香港中文大学名誉博士など。文化勲章受章者。

「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞した[1][2]。

「嫌なことは次に良いことがあるための”フリ”」

塞翁が馬を又吉さん流で伝えてくれてます。

日本のお笑いタレント、小説家である。お笑いコンビ・ピースのボケ担当。第153回芥川龍之介賞受賞作家。

「鐘が鳴る前は報われない時間があるということ」

絵本作家らしく最後はオシャレにまとめます。

日本の絵本作家[2]、お笑いタレント。お笑い芸人としては本名の西野 亮廣(にしの あきひろ)名義で、漫才コンビキングコングのツッコミとネタ作りを担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。

「今を生きろ」

近い将来、常識が常識でなくなる警告です。絶対に聞いて欲しいスピーチ。

日本の実業家、著作家、投資家[1]、タレントである。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。sns media&consulting株式会社ファウンダー、インターステラテクノロジズ株式会社ファウンダー[2]、株式会社7gogo取締役、日本ゴルフ改革会議委員[3]、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)[4][5][6]である。元ライブドア代表取締役社長CEOである。

「世間はお前らのお母さんではない!」

やはりこれは外せません。伝説のスピーチです。

映画第1作は『カイジ 人生逆転ゲーム』(カイジ じんせいぎゃくてんゲーム)のタイトル[注 18]で、日本テレビ製作、東宝配給により2009年10月10日に公開された。

「人が求める数」

百獣の王は分析にも長けていた。オススメです。

1 2