1. まとめトップ

【祝】四谷天窓でメジャーデビュー 湯木慧って誰?巷での評判は?

湯木慧のメジャーデビューを記念したワンマンライブ「誕生~始まりの心実~」が、昨日6月5日に東京・四谷天窓で開催された。

更新日: 2019年06月10日

1 お気に入り 752 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

湯木慧のメジャーデビューを記念したワンマンライブ「誕生~始まりの心実~」が、昨日6月5日に東京・四谷天窓で開催された。

2019/6/5 四谷天窓 <誕生〜始まりの心実〜> 本当にありがとうございました。 メジャーデビューワンマンとそして21歳の誕生日という日を大切な場所で迎えられて幸せでした。 ゆきんこの皆さんと湯木チームの皆さんの愛を沢山吸収してこれからもっと実りのある、真っ直ぐ大きな木に、なってゆくのです。 pic.twitter.com/vVrSRmHDRL

湯木慧って誰?

湯木慧(ゆきあきら、1998年6月5日 - )は、LD&K Recordsに所属している日本の女性シンガーソングライター。11歳の時にアコースティックギターを買い、12歳で曲を作り始める。初めて作詞作曲した曲のタイトルは「夢」。14歳からニコニコ動画などで活動を始め、16歳からはツイキャスやYouTubeなどでも活動を始める。

作詞作曲/弾き語り/絵/DTM/動画/空間装飾 ​自分の中で新しい事をするのが好きです。 0から1が最高 ​大好きなあの空間も大嫌いなこの世界も その全てを感性のままに。 ​まだ間に合う”今”に後悔のないよう生きてみたいです。 ​全ての最後は出逢いであり、沢山の人に出逢う一生に。

湯木慧 マスコミの反応

シリアスに始まり、解放感を覚える終幕へと進んでいく、夜明けのようなライヴだった。これからさらにエネルギッシュな活動をしていくだろう、そんな始まりの予感に満ちた一夜となった。

湯木慧のメジャー1stシングル『誕生〜バースデイ〜』を聴いたことがきっかけだった。現在20歳のアーティストが紡ぎだす歌には、生命や人生、“生きる”ということの本質に触れるような手触りが、確かに宿っているのだ。

──では最後にメジャーデビューにあたっての思いを改めて聞かせてください。

音楽を通じて、たくさんの人たちと初めて出会えることが楽しみです。でも、さっきお話しした通り音楽だけではなく絵の個展もやりたいので、総合芸術というか、音楽と紐付く創作をたくさんしていきたいですね。

ツイッター民の評判

湯木さんの「バースデイ」で 特にグッときてしまう歌詞は 迷い迷う自分を疑いたくなっても ただ、真っ直ぐ真っ直ぐ前を向いて行けよ 廻り廻る不安で息苦しくなっても ただ、真っ直ぐ真っ直ぐ前を向いて生きて行けよ #湯木慧 #バースデイ

昨日ひょんなことから知って、ゆうちゅぶで見て、一期一会やその他の曲みんな良くて、すごい久しぶりに新しい人のCDを手に入れたん あと一週間早く知れてたらライブ行けてたのに残念(≡p ) #湯木慧 pic.twitter.com/iyom4xZImb

湯木慧さんめっちゃよくない????え?すき!!!!!!え????? iTunesの今週のニューアーティストってのマジでめっちゃいいのしかないね!!!!???? すき!!!!!

湯木慧いいなぁーって呟いた翌日にApple Musicで注目のアーティストに湯木慧が出てきたから、一日だけ時代先取りしたのでは!?

湯木慧メジャーデビューの評価は上々!今後の活躍に期待しよう!!

このアルバムには私が感じた「出逢い」「別れ」「生」「死」「脈」をキーワードに繋げた、5つの曲が入っています。
命の輪廻や、迷いなどの感情が詰まったアルバムです。
このアルバムを聴いてくれた方が、遅くなる前に色んな人へ思いを伝えることが出来たらいいなと思います。
死ぬのも生きるのも笑うのも泣くのも迷うのも苦しむのも、出逢うのも離れるのも
決めるのは"今の僕"生きるのは"明後日の僕ら"
湯木 慧

1