1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

菅田将暉×小松菜奈が再タッグ!中島みゆき名曲『糸』が映画化

中島みゆきの名曲に着想にした映画『糸』が瀬々敬久監督により製作されることが決定。『溺れるナイフ』などでもタッグを組んできた、菅田将暉と小松菜奈がW主演。平成元年生まれの男女の18年間が、東京・沖縄・シンガポールを舞台に描かれる。

更新日: 2019年09月29日

5 お気に入り 26372 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆若手俳優トップの演技力といわれる菅田将暉

出典thetv.jp

『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019)

菅田将暉

[演技のレベルが高いと思う若手俳優TOP10]
1位:菅田将暉 28.0%

2009年に『仮面ライダーW』でデビューを果たした菅田。その後、2013年『共喰い』で日本アカデミー賞新人俳優賞、2014年『そこのみにて光り輝く』で日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞するなど、じわじわと演技力の高さが評価されるようになっていった。

◆一方で音楽アーティストとしても大活躍中

「さよならエレジー」(2018)

2017年から音楽活動を開始し、シングル「見たこともない景色」はストリーミング再生1,800万回を記録。

シングル「さよならエレジー」ではLINE MUSICの2018年の年間ランキング1位を獲得するなど、音楽アーティストとしても大きな注目を集めている菅田将暉。

そんな菅田の新曲「まちがいさがし」が配信開始と同時に大きな反響を呼んでいる。配信開始とともにiTunes、レコチョクなど各配信サイトチャートにて軒並み1位を獲得。デイリーチャートで32冠を達成した。

2019年

◆そんな菅田が小松菜奈と再タッグを組む映画『糸』

俳優、菅田将暉(26)と女優、小松菜奈(23)が来年公開の映画「糸」(瀬々敬久監督)にW主演する。

映画『溺れるナイフ』などでもタッグを組んできた実力派コンビの菅田と小松。

平成元年生まれの男女が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く。

◆中島みゆきの名曲に着想を得た作品

「糸」は1992年に中島が知人の結婚式を祝して作詞作曲し、♪縦の糸はあなた 横の糸は私…と糸を人に見立て、男女の出会いの奇跡と絆の大切さを歌った名曲。製作側が約3年かけて構想を練り、一昨年に中島の承諾を得て映画化にこぎつけた。

『64-ロクヨン-』シリーズなどの瀬々敬久監督がメガホンを取り、原案・企画プロデュースは『黄泉がえり』などを手掛けてきた平野隆が務める。そして脚本は『永遠の0』の林民夫が担う。

◆気になるストーリーは?

『溺れるナイフ』(2016)

菅田将暉と小松菜奈

31歳、現在。もし、もういちどだけ、あなたとめぐり逢えたとしたら…。人は奇跡のような確率で、誰かとめぐり逢っている。

◆菅田&小松らのコメントも届いた

『溺れるナイフ』(2016)

菅田将暉と小松菜奈

「原曲へのリスペクトを忘れずに、仕合わせを掴み取る気持ちで挑んでいきたいなと思います。初めましての瀬々監督と、何度も共に闘ってきた小松菜奈というカップリングも純粋に楽しみです。」

菅田将暉コメント

「劇中2人はそれぞれの人生を歩みながら、出逢いと別れを繰り返します。流れゆく時間の中で、仕合わせとは何か。その瞬間をしっかりと感じて、私らしい園田葵を演じられたらいいなと思います。」

小松菜奈コメント

1 2