1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

多くの人が気にしている・・・

超絶コミュ障だから店員さんに話しかけられるの苦手でイヤホンしてお洋服買いに行ったことがあったんだけど、それでも話しかけられたから(店員さんは悪くない)諦めてがんばって会話することにしました

アパレル店員の無理に会話しようとした結果会話が噛み合わないのめちゃめちゃ苦手なんですけど今日も試着したいんですけど…って言ったら「あ!!!これ、うちの店舗、限定なんです…………」って返ってきた へぇ…しか言いようがねぇし試着をさせろ

普段店員さんとの会話がすっっごい苦手なんだけど、今回入ったお店の店員さんがすごく良くてプレゼント+自分の分も追加で買ってしまった( ´∀`)

マジで店員さんと会話するの苦手過ぎて、今日もお洋服触ったら店員さんに「ウチのお店初めてですか〜?⤴︎︎⤴︎︎」って話しかけられた瞬間コミュ障発揮してそそくさと退散してしまった。

▼お客への声掛けには意味がある

声かけにはいろいろな意味があります。今しかやっていないキャンペーンやお買い得商品についてお客様に伝えることができます

特定のアイテムを探しているお客様には、サイズ展開およびそのアイテムがたくさん陳列されている場所をご案内できます

声かけが「お客様のこと見てますよー」のアピールにもなっている、つまり怪しいお客さんに対しての万引き防止策、というケースも

お客さんが、何か買いたくて来店したのか、ただの暇つぶしなのか探るためにも、一声かけておく必要があるのかもしれませんね。

▼1つの商品を長時間見ている人に声を掛けることも

「欲しいものや気になるものは長い時間をかけて見るので、『ひとつのアイテムへの滞在時間が1分以上なら声をかける』というマイルールを作りました。

一人で来ている方の場合、他人からの最後のひと押しが欲しいと思っている方も多いので、『もし何かありましたらお気軽にお声かけくださいね』と言っておくと、喜ばれますよ」(26歳女性)

もちろん店員の声かけにはさまざまな理由があり、一概にはいえません。店の方針により、声かけをする基準やタイミングなどが決まっていることもあるでしょう。

▼実はノルマがあるショップもあるそうで・・・

ノルマを達成できなかった時、減給は無かったが上司からすさまじいプレッシャーをかけられたという辛い体験をした人もいた。

「お客さんの取り合いでイジメに発展したりする」「お客さんが嫌がってるのに、接客でグイグイいかなきゃいけなくて辛かった」

アパレルいいな ノルマきつくないところがいい(ぬるま湯)

アパレル系はまじで一回目指したけどノルマ嫌いやでやめた

▼また、遠慮なく試着はしてもらって構わないけど・・・

意外かもしれませんが、できうる限り試着をしてから買ってもらいたい、遠慮せずにどんどん試着をしてほしい、と店員さん達は口をそろえて言っています。

1 2