1. まとめトップ

ワンボックスカーとミニバンを両方兼任した日産・ラルゴは昭和から歴史が受け継がれていた

日産がかつて発売していたライトバン・バネットを改良して、今までよりも良くしたラルゴは上級車種に位地し、高級感を意識した造りが特徴である。

更新日: 2019年06月10日

2 お気に入り 591 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

商用車として使えることを始め、若者からも人気を集めたので、日産自慢のワンボックスカーの役割を十分に果たした。なお「ラルゴ」という名前は、イタリア語で幅広く緩やかにという意味を示し、音楽の速度記号の一つでもある。

cobbyjpさん

商用車として活躍していたバネットをはるかに上回るよう設計したラルゴは、若い人からも人気だった

「バネット」の上級車種としてラルゴの名を冠したのが初代ラルゴこと「バネットラルゴ」です。バネットに比べ車幅が90mm広いのが特徴で、ボディースタイルはワンボックスとなります。エンジン設定は豊富で1,500ccと2,000ccのガソリンエンジン、2,000ccのディーゼルエンジンのNAとターボが設定されていました。

日産・ラルゴ 80年代前半から製造。2代目はオーテックからウミボウズ・ヤマアラシなる特別仕様車がでたり、3代目は当時日産の最高級ミニバンだった。ハイウェイスターが人気で、ミニバンエアロカスタが広がる発端を作る。ナンバーが端に寄せられていて意外と速い pic.twitter.com/hB9tvcq3O0

初代GC120型はいかにも昭和らしいデザインをしていて、名前もバネットラルゴだった

ラルゴの原点は1982年にさかのぼり、当時の名前はバネットラルゴとなっていた。種類はそれだけではなく「ダットサンバネットラルゴ」、「サニーバネットラルゴ」、「チェリーバネットラルゴ」が用意され、分類はキャブオーバーワンボックスカーだった。乗車定員は最大で8人まで対応でき、そして肝心のエンジンは直列4気筒 OHC 2.0LのZ20型、1952ccディーゼルのLD20型、ディーゼルターボのLD20T型、およびバン用のOHV 1487ccガソリンA15型が用意され、エンジンを始動する際はアクセルを踏みながら始動させることに重点を置いていた。

バネットラルゴ/ラルゴ(1982~1999) バネットの上級派生車種として登場し、3代目(1993)に「ラルゴ」に改名したワンボックスカー&ミニバン。日産のカスタマイズカーシリーズであるハイウェイスターの記念すべき初代となった。後にセレナの登場により統合・消滅。(COBBY) pic.twitter.com/SGcfUwY5EA

バネットの上級車種として登場したバネットラルゴ。 バンパーの錆やワイパーの垂れが目につきましたが、それを除けば状態は大変良好でした。特にボディは新車のように綺麗であり、地面がボディに映り込んでしまうほど。 リアには、高貴な印象を受ける"Grand Saloon"エンブレムが光り輝いておりました。 pic.twitter.com/VIzzt9tfsl

サニー乗りたい。 バネットラルゴ乗りたい。 落とし所は「サニーバネット」なのか… pic.twitter.com/SDNPkGeijr

昭和から平成の間を駆け抜けた2代目 GC22型は、前回よりも性能が格段に向上した

1986年に2代目となったラルゴは、更なる発展を目指して設計された。ここから4WDやガソリンターボ車も加わり本格的なワンボックスカーに整えられた。トランスミッションは完全にオートマチックとなり、サスペンションは電子制御も装備されたので、前回よりもびしっと整えられたような印象に変わり、アウトドアに専念できるような特別仕様車「ウミボウズ」「ヤマアラシ」も追加された。2代目が登場した頃はライバルに当たるトヨタのタウンエース、ライトエース、マスターエースも発売されたので、ラルゴはそれらに対抗するためにしのぎを削っていた。

日産 2代目ラルゴ 定番の物置化(笑) 気づけば見なくなってた車種ですよね〜 バンパー上にステーがあるのでフォグでも付いていたのでしょうか? 平成9年8月で車検が切れているので約18年もここに?! 生産終了から4年で物置化^^; pic.twitter.com/XKRwWRltlv

日産ラルゴがあったと教えてもらったので、初代のを想像して見に行ってみたら、この2代目。 緑ナンバーは珍しいですね~。#自美研 pic.twitter.com/ffmisVy3RO

1989 日産バネットラルゴ コーチ (GC22) こちらは86年デビューのC22ラルゴ。 80年代の国産車でナンバープレートがオフセットされているのはこのクルマとデリカスターワゴン4WDぐらいだった気がします。 pic.twitter.com/EH8sYDvdMH

3代目 W30型から完全に名前がラルゴになったが、この代で歴史に幕を下ろすことになる

とうとう1993年に3代目となったラルゴは、今までのようなワンボックスカーのイメージを脱ぎ捨て、立派なミニバンを目指した。こちらは日産のミニバンの中で最上級を誇り、搭載エンジンもKA24DE型 直列4気筒 DOHC 2,388ccガソリンエンジン、およびCD20Ti型 直列4気筒 OHC 1,973ccインタークーラー付ディーゼルターボエンジンが搭載され、9秒で時速100kmに加速できるようになった。香港・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアでの海外でも展開され、改良によってSRSエアバッグが加わり、特別仕様車「2/4WD SX-Gリミテッド」も追加され、乗車定員が7人から8人まで対応できるモデルも登場した。そしてラルゴは1999年に、同じミニバンのセレナ及びエルグランドに統合され、歴史に幕を下ろした。

日産 ラルゴ(3代目) 当時ヒットしたセレナの上級仕様で日産ミニバンのフラッグシップ。3ナンバー化され室内も豪華に。しかしエンジンの搭載位置から静粛性に欠けるのは否めない。エアロ付きのハイウェイスターが人気を博した pic.twitter.com/DHcXAxgNXx

エアロパーツを予め装着したラルゴハイウェイスターは、本来よりも人気を集めた

実は3代目が登場した時は、エアロパーツを惜しげもなく装備したハイウェイスターも販売された。そのモデルは特別仕様車とみなされ、オーテックジャパンの協力を得て誕生したものとなり、主に20~30代の若者から支持を得た。そして派生モデルのハイウェイスターツーリング、独自の性能が加わったハイウェイスターIIも登場したので、この業績は一気にラルゴを盛り上げた。

W30ラルゴ ハイウェイスター 後期 ミニバンなら絶対これ 90年代の日産って感じか好き pic.twitter.com/Zy2178NBFg

例えラルゴが終わってしまっても、その意思はセレナやエルグランドに受け継がれた

日産のワンボックスカー及びミニバンの役割を果たしたラルゴは、今でも重要な戦力となっているセレナやエルグランドに受け継がれた。これらはどちらも立派なミニバンを成し遂げていて、エクステリアデザインは進化するにつれて徐々に精悍でたくましいものとなり、乗車定員は最大8人まで対応できるのは当たり前となったとCOBBYにある。もちろんいくつもの受賞を受け、日産独自の最新技術を惜しげもなく詰め込んでいる。

エルグランドE51→E52に 今日からバトンタッチ またいっぱい走ろうな pic.twitter.com/cmFqRbJRMe

夢洲ちょっとだけ行ってみたけど、外向きいなかったから、通天閣の前で撮影してきた(^_^) 家かえってTwitter見たけど今日夢洲のコンテナ前で無料車検やってたの知らなかった 危なかった〰️‼️ pic.twitter.com/HUG8zEFYe3

1 2