1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

アニメで蘇る『ぼくらの7日間戦争』も!「新作映画」情報まとめ

注目の「新作映画」情報7作品のまとめ。菅田将暉×小松菜奈『糸』、役所広司『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』、金子大地×石川瑠華『猿楽町で会いましょう』、4年ぶりのドキュメンタリー『Documentary of 乃木坂46 II』、アニメ『ぼくらの7日間戦争』&『音楽』&『犬王』。

更新日: 2019年06月26日

5 お気に入り 15001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『Documentary of 乃木坂46 II』(7月5日公開)

人気アイドルグループ・乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾『Documentary of 乃木坂46 II(仮題)』が、7月5日に公開されることが決定した。2015年7月に公開された『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』以来、4年ぶり。

今作は、乃木坂46が国民的アイドルグループへと飛躍した2017年から19年までに密着。多くの貴重映像とメンバーたちの証言でつむいだ乃木坂46の“いま”を知ることができる。

監督を務めるのは、CM やドキュメンタリーを数多く手掛ける岩下力。乃木坂 46関連では、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物。先入観や遠慮や忖度(そんとく)は一切なく、乃木坂46のメンバーに寄り添い、彼女たちの姿を映像に収めた。

7月5日(金)に『Documentary of 乃木坂46 II(仮題)』が公開決定か!『悲しみの忘れ方』から4年、この4年もまた色んなことがあったからきっと見応えあるドキュメンタリーになってるんだろうな。 とりあえず、観に行くのは決定事項。笑 #乃木坂46 pic.twitter.com/pWD6hXCnOK

◆『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(11月公開)

役所広司が“ヒマラヤの鬼”に!エベレスト舞台の日中合作アクションが11月公開(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3350… #役所広司 pic.twitter.com/euTWxH5MDX

俳優の役所広司が主演を務め、世界的作品を多く手掛けるテレンス・チャンがプロデュースする映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』が11月に公開される。

役所が“ヒマラヤの鬼”と恐れられる救助隊の隊長・姜月晟(ジャン・ユエチャン)を演じた本作は、世界最高峰のエベレストを舞台にしたスペクタクルアクション。

共演に『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の中国人女優チャン・ジンチュー、スペシャルドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」(2014)などの台湾人俳優リン・ボーホンらが名を連ねる。

役所広司主演、日中合作『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』公開決定 cinemacafe.net/article/2019/0… @cinema_cafeから 待ってました!

ウー・ジン、チャン・ツィイー、ジャッキー・チェン出演の『攀登者』もエベレストだったな。 役所広司主演、日中合作『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』公開決定 cinemacafe.net/article/2019/0…

◆『ぼくらの7日間戦争』(12月公開)

12月公開、映画『ぼくらの7日間戦争』の公式Twitterになります! 最新情報をお届けしますので、ぜひフォローをお願い致します!#7日間 pic.twitter.com/f7e7bLG7Kf

1985年に刊行され、宮沢りえ主演で映画化もされたベストセラー小説がアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』として12月に公開決定。

実写映画『ぼくらの七日間戦争』は、管理教育式の学校教育がまだ根強かった時代の空気を取り込み、抑圧された中学生たちが、廃工場に立てこもり教師や大人に反抗する姿を描いた作品。

アニメは、少年少女たちの「七日間戦争」から30年ほどの時が流れた2020年が舞台。大人の都合で引っ越しを迫られる少女・綾と、彼女に思いを寄せる少年・守を中心に、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーが展開する。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズの大河内一楼が脚本、「ドリフェス!」シリーズのスタッフである村野佑太が監督を務めた。

あの7日間戦争を現代社会だとどうなるのやら・・・解釈が楽しみ / “アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」12月公開決定 原作から30年ほど経過した2020年が舞台(要約) - ねとらぼ” htn.to/411iSp8NCL

映画「ぼくらの7日間戦争」特報映像公開、廃工場で少年少女が戦った「七日間戦争」から約30年後の新たな戦い #SmartNews 原作全く知らないけどこれ面白そう!!!! gigazine.net/news/20190611-…

◆『音楽』(2020年1月公開)

大橋裕之原作による長編アニメーション映画「音楽」が、2020年1月より東京・新宿武蔵野館ほかにて公開される。

大橋が2005年に自費出版で発表した「音楽」は、楽器を触ったこともない不良学生たちが思いつきでバンドを組むところから始まる“ロック奇譚”。監督の岩井澤健治はプロデューサーの松江哲明らとともに、2012年に映画化を発表しており、8年越しの公開となる。

アニメーション化にあたり岩井澤監督は、実際に人物の動きなどをカメラで撮影してそれをトレースする“ロトスコープ”という手法を採用。登場人物の動きを極めてリアルに表現することが可能となった。

1 2