1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

肌の乾燥対策に美容オイルを使用していませんか?濃厚なうるおいを与えてくれそうなアイテムですが、オイルが肌の水分不足を引き起こしていることも。オイルを過信してしまうと、肌内部にてどんなことが起きてしまうのか?肌をみずみずしく保つ方法についてご説明しますので、ぜひ役立ててくださいね。

hakusan1さん

美容オイルで乾燥する理由

オイルは油性である皮脂と相性がよく、肌によくなじむため、一見しっとりうるおったように見えますが、もともと水分が不足しているお肌に使っても補水はできません。

乾燥とは肌の水分量が低下している状態のこと。水の入ったコップに油を足しても、水分は増えませんよね?
同じように、肌にオイルを足してツヤを見せることはできますが、肌の内部は水分が足りていないまま。見た目だけで「潤っている」と勘違いしてしまうため、肌の内側が本当に乾いていることに気づけなくなってしまいます。
水分と油分が十分に足りていない、「インナードライ」を引き起こしている可能性があるでしょう。

肌の乾燥に気づけないインナードライとは?

インナードライ肌を自覚している方は少ないもの。特に美容オイルを使用している方に多いかもしれません。
以下に当てはまる方は要注意です。

・Tゾーンはテカるのに、目元や口元の小じわが気になる
・ツヤはあるが、触るとゴワゴワする
・スキンケア後の保湿感が持続しない

見た目やケア直後の触感では、たっぷり保湿したように勘違いしてしまうもの。ですが、オイルを肌表面にサッとのせただけでは十分に保湿とは言えません。
放っておけばキメが乱れ、ゴワゴワとしたくすみのある肌に。いくらオイルを使っても肌悩みが解消されない方は、スキンケアアイテムを変えてみるのがおすすめです。

クリームや乳液が危険なことも

オイルがダメなら、クリームや乳液の方が良いと考える方もいるでしょう。ですが、クリームや乳液には水分と油分の両方が含まれています。
混じり合うことのない2つを結合させるためには、界面活性剤が必要になります。

界面活性剤が肌に刺激を与え、肌バリアを壊してしまうことも。保湿しているつもりが、肌が持つ保湿力を奪っているかもしれません。
では、どんな方法なら安全に肌をうるおわすことができるのでしょうか?

保湿に必要なのは水分を維持する「セラミド」

セラミドとは、肌細胞から毎日作られている天然の保水成分のこと。肌内部にあるセラミドが十分であれば、お肌は乾燥しないのです。
このセラミドは、健康で若い肌にはたっぷりと作られるもの。赤ちゃんや子供の肌がケアをしなくても美しいのは、セラミドがあるためです。
大人になると徐々に細胞は劣化し、セラミドは減少してしまうように・・・。

さらにセラミドが不足すると肌本来のバリア機能も低下し、細胞分裂が亢進した結果ターンオーバー(角化)が乱れ、セラミドの代謝が滞って乾燥が進むという悪循環が生じ、肌の水分量がますます保てなくなります。

セラミド不足が、さらなるセラミド減少を引き起こしてしまうのは避けたいもの。そうなることを防ぐよう、セラミド成分が配合されたアイテムでケアしましょう!

セラミド化粧水おススメ商品3選!

お肌のうるおいをUPさせるセラミドスキンケア商品のなかから、おすすめの3つをご紹介します。ぜひ、ご自身に合いそうなものを選んでくださいね。

1. エトヴォス バイタライジングローション

肌荒れが気になる方にとって強い味方となる、エトヴォスのローションです。ヒト型セラミドを配合し、お肌をしっかりと保湿する働きも。
同シリーズのクリームと合わせ、ライン使いするのが良いでしょう。

2. キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水

独自に開発した成分により、セラミドの働きを補う「セラミドケア」を採用したキュレルの化粧水です。こちらもライン使いにて、より確かな働きが期待できる商品でしょう。同シリーズのジェルクリームタイプか、よりしっとりさせたい方は、クリームタイプを選んで保湿作用を高めてください。

3.サクラハダ

肌との親和性が高いヒト型セラミドを配合し、一手間でたっぷりと肌をうるおすオールインワン美容液です。さらに高浸透型ビタミンCと植物幹細胞エキスをはじめ、数種の植物由来エキスを贅沢に配合しているため、くすみやたるみ対策にも。バリア機能が低下した大人の肌にとって、心強い味方になるでしょう。

1 2