1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

Tシャツの袖にマスコット入り!ファッション雑誌「ViVi」が自民党とコラボ

自民党のマスコットマークが入ったTシャツを着たモデルたちが「NEW GENERATION」と呼びかける。女性向けファッション雑誌「ViVi」は講談社が出版している。

更新日: 2019年06月11日

5 お気に入り 9608 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

ファッション雑誌「ViVi」が自民党とコラボ

女性向けファッション雑誌「ViVi」は講談社が出版している。

広告企画は、袖に自民党のマスコットマークが入ったTシャツを着たモデルたちが「NEW GENERATION」と呼びかけるもの。

さらに「自分の想いをツイートすると、メッセージTシャツがもらえるよ!」として、ViViの公式ツイッターやインスタグラムに投稿した読者計13人にTシャツをプレゼントするとしている。

みんなはどんな世の中にしたい?自分の想いを #自民党2019 #メッセージTシャツプレゼント のハッシュタグ2つをつけてツイートすると、メッセージTシャツがもらえるよ!ViVi公式Twitter(@vivi_magazine )からDMにて当選連絡をするのでフォローをお忘れなく♡ #PR 詳しくは↓ vivi.tv/post33579/

Tシャツにはモデルのメッセージもプリントされている

ViViのモデル9人のメッセージがプリントされたTシャツが抽選で当たる。肩口には自民党のシンボルマークも転写されている。

モデルの背中には「お年寄りや外国人に親切な国でありますように」「いろんな文化が共生できる社会に」「自分らしくいられる世界にしたい」など、モデル自身が考えたというメッセージを英語でプリント。

みんな、自民党に迎合した #ViVi のことは嫌いでも、素晴らしい意見を表明したモデルさん達のことは応援しような! #自民党2019 #メッセージTシャツプレゼント pic.twitter.com/ZOWNtudvGf

コラボは自民党の広報戦略の一環

両社とのタイアップは、自民党が5月1日から進める広報戦略「#自民党2019プロジェクト」の一環だ。

ニュースアプリ「グノシー」ともコラボしている。

広告の連絡先は『「#自民党2019」プロジェクト事務局』となっていて、同プロジェクトは安倍首相の側近の一人である甘利明選対委員長がリーダーを務めている。

同プロジェクトは、若年層の支持拡大を狙ったインターネット施策で、10代のアーティストやダンサーを起用したPR動画などを公開してきた。

講談社「政治的意図はない」

「このたびの自民党との広告企画につきましては、ViViの読者世代のような若い女性が現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したいと考えました」

ネットでは講談社が炎上

自民党が最低なのは大前提として、こんな「ファッション誌読んでる若い女なら騙せるだろ」って意識丸出しの企画にのったvivi(講談社)も酷い。あんたら読者をなんだと思ってるんだ。

viviの件、同じファッション誌の現場の人たちから「ありえない」とLINEがきたり。一方で、実際に発注来たらどうする?という話になり、イヤだけど広告部と編集長以上の人たちの総意なら、平の社員やスタッフが覆すのは難しい……との意見も。

あまり政治のことは呟きたくないけど、ViViのコラボの件は流石にやばくないか…(´Д` ) 出版界があまりにも拝金主義になりすぎてるし、ファッションと政治なんてゲッペルスのナチ政策とそっくりとしか思えないんやけど…

なんかあれだな。メディアの末期症状を見た記念日になりそうだ。 自民党とViViがタイアップする時代。 怒りを通り越して恐怖だなこれは。

「政治的意図はない」、すごいな それはないとダメなやつだよ!「まさか特定の党の広報キャンペーンに協力することが政治的だったとは…」みたいなトンチンカンになってるよ!

選挙前に政権与党とコラボするファッション雑誌。出版社の政治的意図はないという説明をどうやって理解すれば良いのか。税金からお金が出ているはずだけど、年金だけで老後の生活は成り立たないと言った直後に、この支出。そして、年金が全くあてにできない世代にこの手法でアピール。

国会全体という扱いにして、全政党からピックアップして企画組めば良かったのに単一の政党だけじゃ政治的意図が無かったなんて言えないじゃん。そんなのわたし程度のバカでもわかりますよ

1 2