1. まとめトップ

【硬水/軟水】クセになる硬い水

その硬さがクセになるミネラルウォーター♪常温で飲みにくくても、冷やすとうまい☆

更新日: 2019年06月12日

2 お気に入り 1220 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

water

viper0さん

硬水

カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が多い水のこと。
水に含まれるミネラルが多くなるほど口当たりが重く癖の強い味になるため、ミネラルを多く含む硬水は軟水と比べて飲み辛く感じるが、慣れてくるとクセになる♪

エビアン / evian

硬度:304mg/l
フランスの大自然が生んだナチュラルミネラルウォーター。

Vittel / ヴィッテル

水源:フランスのヴィッテル村
硬度:315mg/l

Contrex / コントレックス

カルシウム、マグネシウムなどのミネラルがたっぷり。
硬度が1,468mg/lと極めて高いことが特徴。

SOLAN DE CABRAS / ソランデカブラス

スペインのベテタ(クエンカ)にある源泉から採水。
カルシウムとマグネシウムのバランスに優れたスペイン栄養士協会認定のナチュラルミネラルウォーター
硬度:253mg/l(中硬水)

Natia / ナティーア

イタリアの天然水。
1Lあたり232㎎の重炭酸塩(炭酸水素イオン)が自然に含まれている。
硬度:121mg/l

Perrier / ペリエ

硬度:417mg/l
南フランス産の炭酸入りナチュラルミネラルウォーター。

Sanpellegrino / サンペレグリノ

硬度:640mg/l(超硬水)
イタリアのミネラルウォーター。
きめ細やかな炭酸と、マイルドな喉ごしが濃厚な料理やワインの口直しに適する。

Gerolsteiner / ゲロルシュタイナー

ドイツ西部、アイフェル高地にある町Gerolstein(ゲロルシュタイン)で採水・ボトリングされたナチュラルスパークリングミネラルォーター。
高硬度なのに飲みやすく、天然炭酸ガスのきめ細かい泡立ちが特長。
硬度:1302mg/l

福寿鉱泉水

鹿児島県と宮崎県の県境に連なる霧島連山の南山麓標高約300mの地上位置から地下855m(言い換えれば、海面下500m以上の深さ)から採水しているナチュラルミネラルウォーターで、飲む温泉水である。
硬度:384mg/L

1 2