1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

自動車が抱える「アクセルとブレーキ」の構造的な問題

近年、高齢ドライバーによる重大な交通事故が相次いで発生しており、その原因としてアクセルやブレーキの踏み間違えが挙げられています。

更新日: 2019年06月12日

1 お気に入り 1670 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■相次ぐ高齢者ドライバーによる重大な自動車事故

79歳

【歩道に車、7人けが 79歳男性運転ミスか】 東京都渋谷区千駄ケ谷の明治通りで車が歩道に突っ込み、通行人を次々とはねました。警視庁原宿署などによると、車を運転していた男性(79)と助手席にいた妻(76)を含む男女計7人がけがをして救急搬送されました。 詳しくは⇒jiji.com/jc/article?k=2… pic.twitter.com/DoNvGYeBej

東京・渋谷区で2019年1月、79歳の男が運転する乗用車が30メートルにわたって暴走し、歩行者など5人が重軽傷を負った

男性は事故当時、「運転中にお茶を飲んだら吐いてしまい、驚いた」などと話していて、警視庁はブレーキ操作を誤ったことが事故の原因とみています

87歳

【池袋暴走事故】10人はねられ女児ら2人死亡 ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに - re-file.com/01/1515/ pic.twitter.com/3dqsPdOJ3n

車を運転していた男性は赤信号を2回無視しており、ブレーキをかけた形跡もないことがドライブレコーダーの記録から判明している

80歳

約10分前くらいに、大阪市此花区伝法のライフ前で自動車が歩道に突っ込む事故発生。負傷者が数名発生の模様です。現場の交差点は、丁字路で、何故この方向なのか、、 pic.twitter.com/XXuTFbMDo7 pic.twitter.com/Bcv23NTScw

6月3日の午後6時半ごろ、大阪市此花区のスーパーの駐車場から歩道へ乗用車がバックで突っ込み、子ども2人を含む歩行者4人がケガをし病院に運ばれた

容疑者は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と供述しており、自身の操作ミスを認めている

81歳

【最初の事故の後 “意識あった”か 福岡市 9人死傷暴走事故】 福岡市早良区で、81歳の男性が運転する車が暴走した事故で、この男性が最初に追突事故を起こした直後は、意識があったとみられることがわかりました。 【事故を目撃… 続きは↓ tnc.co.jp/news/articles/… pic.twitter.com/OmIDH0InDa

福岡市で81歳の男性が運転するミニバンが道路を逆走し、女子中学生を含む男女9人が死傷しました

交差点に進入する約600m手前でもタクシーや軽自動車に接触する事故を起こしていたことがわかっており、周囲に設置された防犯カメラには猛スピードで走り去る様子が映っていたという

警察は、小島さんが意識を失っていた可能性なども含めて、事故の原因を調査しています

■高齢化の進む現代の日本にとって、高齢ドライバーの増加は深刻な問題となっている

警察庁のまとめによると、2017年における交通事故死者数は、2007年と比較すると、全年齢層で36%、高齢者で27%減少しているものの、高齢者の占める割合は54.7%(過去2番目の高さ)であるなど、依然として高い水準

死亡事故に占める75歳以上の後期高齢者ドライバーの割合が右肩上がりで増加し続けている

■高齢ドライバーの「アクセルとブレーキの踏み間違え」が深刻に

警察庁の統計によると、2015年の日本国内でのブレーキとアクセルの踏み間違いによる死亡事故は58件、うち65歳以上の高齢ドライバーが50件で、高齢ドライバーによる事故割合が比較的高くなっている

踏み間違えは年齢を問わず起き得るが、高齢者は股関節が硬くなったり、太ももの筋力が衰えたりすることも、踏み間違えの一因となる恐れがある

1 2