1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kapipandaさん

人は、些細なことがきっかけで救われることがある。

でも、その反面、些細なことで落ちるとこまで落ちることもある。

誰にでも、心の病を抱える可能性はおこりうる。

だからこそ、救われる可能性を痛切に伝えたい。

心が悲鳴をあげたとき、

誰か
もう「大丈夫」って言ってほしい。

もう耐えられない。
もうつらい。

たくさん話すことすら苦しい。

もういいよ大丈夫って言ってほしい。

大声で泣いて、叫んで、
全部壊したい。

「大丈夫だ」って言われたい。

謙虚に生きて、
そしたら 叫んでもよかったのかな。

自己中にも 良い人にもなれない。
どっちにも転べない。

誰かに「大丈夫だよ」って、言ってもらいたい

自分では脱け出せない程のネガティブな感情に嵌った時、
一番初めに起動しなきゃいけないのはやっぱり心だ。

誰かに「大丈夫だよ」と言われたかったことに気づいた。

本当に大丈夫かの信憑性はどうでもいい。

大丈夫と言うことから大丈夫は始まるのだ。

「頑張れ」より「大丈夫」こそ響く

頑張れって無責任な応援だと思う。
当人は必死なのに手を抜いてると言うんですか?

頑張れって言うより「大丈夫」って伝えたい。

「大丈夫」は今の自分全部を肯定してくれてる感じがする。

「頑張れ」より「大丈夫だよ」と言ってもらいたい。

頑張ってたのに、思う様に結果が出なかったとき、

心は、背中を押される言葉が欲しい訳じゃ無いのでは?

頑張ってきて、歩め無くなった心を、受け止め癒されたいから。

心自身が自らの力で動こうとする感情が芽生えるから。

優しく背を押されるかの様に。

ホッとしたいから、誰かの「大丈夫だよ‼」の言葉なの。

寄り添って居てくれる様な暖かさが、心を変えるんです。

大丈夫、大丈夫、大丈夫…

今までの人生辛いことや、大変なことがあって、
幾度となく、

「あ~、もうダメだ~!!」

って思ったけど、

今、、
生きてる。。

でも、自分で大丈夫って言い聞かせるだけじゃ、
怖くて、自信なくて、もどかしい時ってあると思う。

そんな時は誰かに言ってほしいよね。

「大丈夫だよ」って。

誰かの言葉にひどく救われることがある

自分で自分を救ってあげるのって、
なかなか難しいと思うのだけど、

奇跡的なタイミングで、
「今この人が隣にいてよかった」とか、
「この人の言葉を聴けてよかった」って、

ひどく救われてしまったということがありまして。

なんとか踏ん張って頑張ろうという気持ちになれるものだなあ、
としみじみ思うのです。

そして、誰かの言葉が誰かの支えになる

誰かの言葉で救われているように、

私の存在や仕事が、
友達や知らない誰かの心を救うことがあるといいな、

なんて青臭いことを思う。

自分の一番ほしかった言葉をもらう。
そうすることで、相手が特別な人になったりする。

言葉の力ってすごい。

「君のことだから大丈夫でしょう」と言われて、
一気に肩の荷が下りたような軽い気持ちになりました。

「君のことだから」と言われると、
自分の努力が一気に報われたような気がして、
たまらなく嬉しく感じます。

「あなたのことだから大丈夫でしょう」の褒め言葉は、
元気にさせるだけでなく、
やる気まで出させてくれる効果的な褒め言葉です。

「先輩が認めてくれたからには期待に応えたい。
よし、もっと頑張ろう!」と、
やる気満々になれるのです。

「大丈夫」相手を肯定することが出来る魔法の言葉

大丈夫は魔法の言葉です。

自分が悩んでたり、帰路にたっているとき、
何かしら後押ししてほしいものです。

「大丈夫だよ」は、そんな悩みすら全て含んで、

その人の考え方全てが、流れに乗ってあっているよ。

このまま、思うように進んでいいんだよ。

と言っているのと同じだからです。

1 2