1. まとめトップ
2 お気に入り 4905 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

美容医療は、進歩しましたが、それでも…ということがございます。

サガマサさん

なぜ、おこるのでしょうか。

日本では医師免許を有していれば、誰でも「美容外科医」を名乗ることができるという、世界的に見ても得意な制度ものこっており、このことからか、経験の浅い医師の稚拙な技術や、ずさんな管理体制での施術により死に至ったり、機能障害の発生や、非可逆的な身体への侵襲を受ける場合も多くみられます。

 大手美容外科等の脂肪吸引での死亡事故や、広範囲におよび皮膚皮下組織の壊死が起こった例、豊胸手術の際の麻酔のミスで植物状態になってしまう等の医療事故、わきがの治療での麻酔による死亡等、このような医療事故は現在に至っても定期的に起こっているのです。

また保険外診療が中心の美容外科で使用される薬剤や挿入物等の安全性についても懸念されています。それらの使用物は通常、医師が自身の判断で個人輸入し使用しているものが多く、その多くは未承認のものが使われる場合が9割以上も存在しているので未承認薬は、医薬品医療機器等法に基づき販売されている承認薬に比べよりリスクが高いと最近でぇ亜よく厚生労働省が注意を促しています。また豊胸手術用の乳房インプラントに関しては厚生労働省はいずれも薬事承認しておらず、安全性に関しては全く保障していないのです。

フォルータン氏は非専門医による美容整形手術での死亡事故の原因の一つに、複数の整形手術を同時に行う行為が挙げられると指摘する。「例えば、ライノプラスティ(鼻形成術)と腹部への美容整形手術を同時に行うと、患者は9時間から10時間にわたる手術に堪える準備ができておらず、そのことが原因で命を落としてしまうことがある」。

実際の事例

美容医療サービスに関する相談
・美容皮膚科で目の下のクマにヒアルロン酸を注射したが、対価に見合う結果が得られなかった。返金を希望する。
・審美歯科のホワイトニング治療と薬剤を3回コースで契約した。残り1回分を利用しようとしたら契約期間は終了したと言われた。未受領分の薬剤を渡してほしい。
・薄毛治療の無料相談に出向き、その場で契約したが、高額な契約だったため解約したい。

美容医療サービスに関する相談のうち、危害に関する相談
・美容外科医院で二の腕の脂肪吸引を行ったが、肌の表面がぼこぼこになり、色素沈着が残った。腕を元通りにして、施術代金を返金してほしい。
・傷跡が残らないと説明を受け、包茎手術を受けたが、赤く輪のような傷が残った。施術代を返金してほしい。
・スキンクリニックで全身レーザー脱毛の施術を受けたら、全身に湿疹が出た。解約したい。

名古屋市中区の美容整形クリニックで脂肪吸引の手術を受けた同市中村区の20代女性が今月、手術後に自宅で死亡しているのが見つかった。捜査関係者への取材でわかった。愛知県警は、執刀医らから任意で事情を聴くなどし、手術方法や術後の処置などと、死亡との因果関係について慎重に調べている。

注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っているクリニックは少なくない。  近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の異常を訴える20代の女性が運び込まれた。翌日、目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけて皮膚が壊死した。女性は鼻を高くするため、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近にフィラーを注射された直後だった。

週刊新潮2013年8月29日号(2013/08/21発売)に、
 「ヒアルロン酸」お粗末手術で鼻が壊死した「湘南美容外科」
 …という記事が掲載されていました。

湘○美容外科クリニックでプチ整形のヒアルロンサン注射でミスが
あったと訴えている女性がいます。
法令線の注射で鼻が曲がってしまったらしいのですが、手術に問題が

あったのは事実でしょうが、施術の事前に鼻が壊死する説明がなされて
いなかったと言うのです。

顔のほうれい線にゲル状の充填剤「アルカミド」を注入して皮膚のしわを取るプチ整形「フィラー」施術で、傷痕の痛みや口が開きにくいなどの障害が残ったとして、大阪府の女性が3日、医療法人「小国会あさひ美容外科」に約9千万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

鼻筋を高くする「プチ整形」の施術をめぐり、誤って目の血管にヒアルロン酸を注入され、視野障害を負ったとして、大阪市の20代女性が品川美容外科梅田院(大阪市)を運営する医療法人社団翔友会(東京)に対し約1185万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁で和解したことが3日、分かった。

2009年12月2日、当時70歳であった患者の女性の腹部に、細い金属製の管を入れて、脂肪吸引手術をおこなったという。その際、角度や深さを適切に調整せず、腹壁に穴をあけるなど、内臓を傷つけ、2日後となる同4日死亡させたという。

名古屋の美容整形で、32歳、女性が死亡。
「東海美容外科クリニック」
聞いたことのない病院でした。
雑居ビルに入ってた病院だったようですが。

男性器を増大させる手術を受けたが失敗し、排尿などが困難になるなどの損害を受けたとして、50代の男性が手術を行った同県船橋市内の美容外科クリニックを相手取り、慰謝料など計約2億4千万円を求め千葉地裁に提訴した。

いかがでしょうか。
公開されているものですが、クリニックの選択はご注意ください。

1