1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■U-22日本代表がトゥーロン国際大会で決勝進出!

「トゥーロン国際大会2019」の準決勝が12日に行われ、東京五輪世代のU-22日本代表はU-22メキシコ代表と対戦。

1-1で迎えた後半41分に勝ち越しゴールを許すも、終了間際の後半44分、途中出場のFW小川航基がゴールを挙げて決着はPK戦へ。

■トゥーロン国際大会とは

毎年行われるFIFA公認の国際大会

毎年5月末~6月頃にフランス南東部のヴァール県周辺で行われ、決勝戦はトゥーロンで行われる。

若手の登竜門

創設以降、少しずつレギュレーションや参加国数が変わり、今大会はホスト国フランスと招待国の計12カ国が参加。

世界各国から有望な若手選手が出場するため、欧州各国のスカウトたちの見本市的な意味合いの大会となっている。

■日本は昨年に続き東京五輪世代で参加

しかし、コパ・アメリカの影響で多くの主力が不在

ただ、6月中旬に行われるコパ・アメリカにも同世代主体のチームが参加するため、多くの主力選手と森保監督が不在で臨んでいる。

苦戦が予想されたが、強敵を次々と撃破

グループAに入った日本は、大会3連覇中だったイングランドとの初戦に2-1の勝利を収めると、続くチリ戦には6-1で快勝。

第3戦のポルトガル戦には0-1で敗れたものの、グループ首位で08年大会以来となる準決勝に進出。

■決勝進出は初の快挙!

レジェンドたちの成績を超えた

2008年大会では、本田圭佑や岡崎慎司らが参加し、ホスト国フランスやオランダを破って4位という成績を残した。

■「層の厚さ」を証明

1 2