1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●お笑いや映画監督などで活躍するビートたけしさん

お笑い界のレジェンド・ビートたけし。お笑いだけでなく俳優、映画監督としての活躍

1973年に漫才コンビ・ツービートを結成。1988年には個人事務所『オフィス北野』を設立。

日本テレビ系バラエティ『世界まる見え!テレビ特捜部』、フジテレビ系バラエティ『奇跡体験!アンビリバボー』、テレビ朝日系バラエティ『ビートたけしのTVタックル』などにレギュラー出演

・1997年には、映画「HANA-BI」でベネチア国際映画祭グランプリ受賞

89年「その男、凶暴につき」で主演も兼ねて、映画監督デビュー。

「3-4x10月」「ソナチネ」「キッズ・リターン」などほぼ年1本平均で撮るごとに注目を集め、

1997年「HANA-BI」がベネチア国際映画祭グランプリを受賞。著書に『間抜けの構造』『テレビじゃ言えない』『アナログ』など。

・「アウトレイジ」は、シリーズ累計興収22億円超を記録している

北野 武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いたバイオレンス・エンターテインメント『アウトレイジ』。

2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録している人気シリーズ

以後「菊次郎の夏」「Dolls」そして勝新太郎のキャラクターを自分流にアレンジした「座頭市」を発表。日本を代表する映画監督の一人となっている。

●そのビートたけしさんが協議離婚していたことがわかった

ビートたけし(72)が妻幹子さん(68)と協議離婚していたことが12日、分かった。

●離婚までの経緯

2人は1980年に結婚(入籍は83年)。1男1女をもうけたが、長い間、別居生活が続いていた。

80年には事実婚状態となり、幹子さんがスナックでアルバイトをして家計を支えた。81年にはフジテレビ「オレたちひょうきん族」で“夫婦漫才”を披露したこともある。

・大きな転機となったのは、86年のフライデー襲撃事件

たけし軍団11人とともに講談社「フライデー」編集部に乱入し5人にけがを負わせた。

交際が報じられた女性への取材時のトラブルがきっかけ。懲役6月、執行猶予2年の判決を受けた。

87年に幹子さんは2人の子供とともに大阪に転居。離婚協議が行われる予定だったが、幹子さんと落語家(すでに廃業)との不倫が発覚。たけしが大阪まで出向いて説得し連れ戻したこともあった。

・財産ほぼ全額を元妻に分与されたという

1 2 3