1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新たな情報が続々と…吉本芸人「闇営業」の実態と裏事情

闇営業問題がどんどん広がり収拾がつかない状況となっているようです。

更新日: 2019年06月13日

13 お気に入り 101851 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■カラテカ入江の闇営業で始まった今回のニュース

写真週刊誌に反社会勢力との交際疑惑と、大規模振り込め詐欺グループの忘年会に吉本所属タレントを仲介したことが報じられた

忘年会に、宮迫をはじめ、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)らが出席していたと報道。

■その後、入江は「ワタミ渡辺美樹」氏と友人であるという報道も

ワタミは吉本と共同で2013年から約2年間にわたり「ワタミ×よしもと おもしろ宴会部」などのプロモーション企画を立ち上げると、入江と入江軍団と呼ばれる若手芸人も「よしもと宴会部」として“中途入社”

入江は“宴会部長”に任命され、13年4月23日にはワタミ本社で「中途採用入社式」なるイベントも開かれた。このイベントで渡辺氏は「仕事に関係なく、プライベートで宴会を開いたときも面白くて、この人たちはいつも面白いのかと感心しました」と語った

「(『ワタミ×よしもと おもしろ宴会部』は)正規の『契約書を締結した会社間契約』であり、渡邉と入江氏は連絡先を交換しておらず、社会通念上の『友達』という表現はあたらないと思います

ワタミはこれを否定しています。

■宮迫博之は「コピペ疑惑」に「新たな映像流出」

書面について「不自然な点がいくつかあった」と指摘し、「事務所の人間が作ったLINEのメッセージをそのままコピペ(スクリーンショット)したのではないか」と報じていた

これを受け「ツイッターで長文を乗せる方法が分からず、勧められた方法で載せたら、コピペってやつに思われてしまった」と釈明。「アナログ人間ですいません」と謝罪

「『アメトーーク!』という番組をやっていますので、(今回婚約した)お二人を(番組観覧に)ご招待したいと思います」

会場が「おおおお~~」とどよめき、大きな拍手が湧き起こる。入江が「ぼくが全部段取りしますんで。いいんですか? 本当に」と確認すると、宮迫はこう言い切った。「もちろんいいです、大丈夫です」

■そして騒動は「楽しんご」に飛び火

「ラブ注入!」のギャグで知られる芸人の楽しんごも、その2カ月ほど前にこちらも闇営業が原因で同事務所を契約解除されていた

11日、自身のツイッターで、この日横浜市内で整体師として開催する勉強会を紹介、「本日も闇営業します」と皮肉るようにつづった。

#ドドスコスコスコ闇注入」とインスタグラムと同時投稿。「闇営業」と題して整骨院にて勉強会を開催するともツイート

■更に、鳥取「住みます芸人」「加藤アプリ」が法令違反で活動停止

2017年4月より、農業で住みます芸人で鳥取県湯梨浜町に移住し、20世紀梨をはじめとする"東郷梨"の栽培に従事した若手芸人

「鳥取県住みます芸人」として活動していた加藤アプリさん(35)に法令に反する行為があったとして、一切の芸能活動を停止

違反行為の具体的内容は明らかにしていない。同社は「ご迷惑をおかけする事態となり、深くおわび申し上げます」としている。

■吉本芸人の闇営業には「深い闇」があるという

芸人のキートンはツイッターで「ちゃんと仕事、営業を入れて、ちゃんとしたギャラが振り込まれたら、闇営業なんて行かねーよな」と、仕事がない状況を生み出している事務所を暗に批判

1 2