1. まとめトップ

時間が長いことをどう伝えるかがポイント!長話の上手い切り上げ方とは?

話好きな相手の長話に延々とつき合っていたら、 時間はいくらあっても足りません。そして疲れます…ただ気分を害するような話の止め方はしたくないし、かといって大演説会になっているなど話に割って入る余地がないことさえあります。このような長話を切り上げるには時間が長いことをどう伝えるかがポイントです。

更新日: 2019年06月13日

5 お気に入り 2258 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・締めの言葉を上手く使う

・「ではまとめると……とまとめていく」(32歳女性/食品・飲料/その他)

・「忙しいのに引き止めてすみません、また! と、向こうが忙しい感じにすり替えて去る」(30歳女性/学校・教育関連/専門職)

・「また今度飲みながらはなしましょう! という」(24歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「こちらの発言の最後に『今日はどうもありがとうございました』と強引に付け加える」(36歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「それでは!」(31歳男性/情報・IT/技術職)

・トイレと時計作戦も有効

・「『すいません、お手洗い行きたくて』という」(29歳女性/電機/事務系専門職)

・「足踏みしながらお手洗いに行きたそうにする」(27歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・誰かになすりつけ

・「別の人に見つけ、その人と合う話題を振って、相手に押し付ける」(54歳男性/情報・IT/事務系専門職)

・「別の人を巻き込んで自分はフェードアウトする」(33歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「忙しいからその話はまた今度ね!」と言って会話を切り上げる

話が長い人と出会ったら、忙しいアピールをしてその場を去るのもおすすめです。

「ちょっと今仕事が忙しいので」、「ごめん、職場から電話が‥」と伝えると、話を切り上げてくれます。相手の気分を害することなく、解決することができるので、ぜひ試してみてくださいね。

・ウンザリ感を見せる

・「めんどうな感じで聞く」(28歳女性/金融・証券/専門職)

・「リアクションしない」(25歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「笑顔を見せない」(33歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「ふーんと気のない返事をして目を合わさない」(32歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「お時間大丈夫ですか?」と言って話を終わらせるように仕向ける

「この話長くなりそうだな‥」と思ったら、時間を心配する方法も効果的です。

時計を見て「なるほど、あっ、お時間とか大丈夫ですか?」と伝えましょう。

そうすると、話が長い人も、自分が長時間話していたことに、気づいてくれるかもしれません。

また、自分に時間が無い、ということも伝えれるので、対処法としては非常に有効です。

・時計をチラチラ見て、話が長いことを相手に気付かせる

話が長い人は、時間が経っていることに気づいていません。こちらから、時間を気にしてあげると、相手も「もうこんな時間」と思ってくれます。

時計をチラチラ見る仕草をして、相手に時間の経過を知らせてあげましょう。

あからさまにやると気分を害すので、困ったような感じで「ちょっと時間が」と演技するのがコツです。

・むしろ相手を気遣う

しばらく話を聞いてみて「これは今聞かなくてもいい話だな」と感じたら、相手の話が途切れるタイミングを待ちます。

話がいったん盛り上がってひとしきり笑った後などに、時計を見て「あっ、もうこんな時間ですよ」と少し大げさに驚いてみせましょう。

続けて「お忙しいのに長話してしまって、すみませんでした!もう行きますね」と、できるだけ間髪入れずに伝え、立ち去りましょう。

相手が「いいのよ、まだ大丈夫よ」なんて言わないうちに、一連の流れを畳み掛けるように伝えて立ち去る体勢に入るのがおすすめです。

このとき気をつけたいポイントは、あくまでも「愛想良く」笑顔で立ち去ることです。「あなたと分かれるのは名残惜しいんですが」という雰囲気を伝えることができれば、さらにベターです。

時間を気遣ってくれた上に「嫌がっているわけではありません」という空気が伝われば、相手の気持ちはおさまりやすくなります。

・「そろそろ◯◯しなきゃ」

「あなたとの会話は楽しいけれど、用事があるからスマホから離れなくちゃ」ということを伝えるフレーズです。

「そろそろ仕事に戻らなきゃ」

「そろそろ出かける支度をしなきゃ」

「そろそろ夕飯の準備にとりかからなきゃ」

などなど、生活に合わせて自然な用事を伝えれば、すんなり会話を切り上げることができます。

実際、日常は忙しいものです。切り上げ上手になることは、お互いにとってプラスの結果を生むでしょう。

1 2