1. まとめトップ

安倍首相と初会談で見せたハメネイ師の”トランプ不信”が深刻

日本の総理大臣として初めてイランの最高指導者ハメネイ師と会談した安倍首相。その会談の中で、イランの核開発をめぐり衝突が懸念されているアメリカのトランプ大統領のメッセージを伝えましたが、その回答が厳しいものだったようです。

更新日: 2019年06月14日

3 お気に入り 1568 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大きな外交だけに、一度や二度の会談で済む問題ではなさそう…

nyokikeさん

▼アメリカとイランの緊張が高まる中、安倍首相のイラン訪問に注目が集まっていました

ドナルド・トランプ米大統領は昨年5月、イランが核開発を制限するのを条件に、欧米が経済制裁を緩めるという核合意から離脱。中東地域に空母を派遣するなど、イランとの対立が深まっている。

一方、日本はイランと歴史的に友好関係を維持してきた。原油輸入の8割を中東に依存し、イランが接するホルムズ海峡を日本のタンカーが通過している事情を考えれば、日本にとって、イランとの関係が極めて重要なのは言うまでもない。

来日したトランプ大統領は5月27日、安倍首相との会談冒頭、記者団に対して、安倍首相のイラン訪問を支持する考えを表明した。

・日本の首相によるイラン訪問は40年ぶり

今から、イランに向けて出発します。中東地域では、緊張の高まりが懸念されています。国際的な関心も高まる中で、この地域の平和と安定のため、日本として、できる限りの役割を果たしたいと考えています。 pic.twitter.com/9IVfMJNVfg

安倍首相のイラン訪問は、日本とイランの外交樹立90周年を公式理由にしている。

日本の首相によるイラン訪問は1979年のイスラム革命以降、初めて。

安倍氏は、「昨今の緊張の高まりの中で、この地域がさらに不安定化したり、偶発的な衝突が起きたりしないよう、中東の平和と安定を確固たるものとする上で、イランが建設的な役割を果たすことが不可欠だ」と期待感を表明。

こういうのは日本で放送されないよね・・・ 騎馬で車を先導する・・ しかも、国旗を持ってっていうのは、非常に斬新。 イランも最高度に日本の首相を歓迎してくれてる アメリカとイランの中間に立って、どちらからも歓迎されるってのは、日本くらいしかないんじゃないだろうか・・。 pic.twitter.com/PC1NLDWO1p

▼イランのロウハニ大統領と会談した安倍首相

ロウハニ大統領は「安倍首相は会談で、日本はイラン産原油の輸入を継続することに関心があると語った」と述べた。

ロウハニ大統領は「地域と世界の安全保障に重要な核合意にイランは引き続きコミットしている」とし、「イランも日本も核兵器には反対している。イランは二度と戦争を引き起こすことはしない。ただ、いかなる侵攻にも対抗する」と述べた。

ローハニ大統領との首脳会談に臨みました。中東地域、そして世界の平和のために、日本はこれからも、決して諦めることなく、出来うる限りの役割を果たしていく決意です。 今日の会談は、その最初の一歩になると確信しています。 pic.twitter.com/RGaIsnNm6V

▼翌日、日本の総理として初めて最高指導者のハメネイ師と会談を行った

イランを訪れている安倍総理大臣は日本時間の午後2時半から、最高指導者のハメネイ師と初めての会談に臨み、会談は終わりました。

国政の実権を事実上、掌握しているハメネイ師は、国外にほとんど出ないことから、日本の総理大臣がハメネイ師と会談するのは初めてのことになります。

アメリカがイランをめぐる核合意から一方的に離脱して以降、G7の首脳でハメネイ師と会談するのは安倍総理大臣が初めてとなります。

・「核兵器を製造も保有も使用もしない」と言われたものの、アメリカとの和平には厳しい回答

ハメネイ師は「核兵器を製造も保有も使用もしない。その意図はない」と述べ、核合意を維持する従来の立場を改めて強調した。首相は対立が深まる米国との話し合いを促した。

首相は会談後、記者団に「緊張の高まりが懸念され、互いに複雑な国民感情があるが、そうした状況だからこそ、関係国のトップ同士がともに緊張緩和に向けた意思を持っていることが極めて重要だ」と強調した。

首相は「(ハメネイ師から)平和への信念を伺うことができた。この地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進だと評価している」とも語った。同行筋は、首相が帰国後、トランプ氏にハメネイ師の考えを伝えることを明らかにした。

1 2