1. まとめトップ

あなたは口に指3本第2関節まで入りますか?入らなかったら顎の不調「あごこり」かも!?

2019年6月12日にためしてガッテンで放映されていた「あごこり」についてまとめました

更新日: 2019年06月18日

1 お気に入り 1276 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mami1109さん

口が開きにくい、口を開けるときに痛む、あごの関節から音がする・・・。全国1900万人以上が悩んでいると推定される、あごのトラブル「顎関節症(がくかんせつしょう)」。その正体は、あごの筋肉の「こり」だった!?

あごには、下あごの骨を上下に動かすための様々な筋肉が備わっています。それらの筋肉が、パソコンやスマホに代表される集中作業やストレスによる「かみしめ癖」によって、徐々に凝り固まることで、口が開きにくくなったり、筋肉に痛みを生じたりするのです。
筋肉の異常な動きは、関節の間にあるクッション(関節円板)のズレまで引き起こし、関節自体にも痛みや音を生じさせるといいます。

頭蓋骨は頭の部分と下あごに分かれており、下あごだけで約1キロもの重さがあります。
頭と下あごをつなげているのは筋肉で、噛むたびに頬の横の筋肉が動くのが分かります。
この筋肉が硬くなり血流が悪くなると、口がうまく開かなくなり、痛みが出てきてしまうことも。
これが進むと、顎関節症となってしまうのです。

あごこりセルフチェック法

日本顎関節学会「顎関節症治療の指針2018」をはじめとする顎関節症の診断基準で、口の開きにくさ(開口障害)の目安として用いられているのが、「口が縦に35~40mm以上開くか」です。35~40mmとは、「指を縦にして(第2関節まで)3本程度」に相当します。

指の太さには個人差がありますので、あくまでも「目安」ですが、「口を開けて指が縦に(第二関節まで)何本入るか」であごこり(あごの筋肉が凝り固まっているか)のセルフチェックができます。2本以下しか入らなかった場合、あごこりの可能性があります。

かんたんあごこり解消法!

①咬筋(あごの付け根の筋肉)のマッサージ

・左右のあごの付け根にある筋肉(エラの角から2~3cm斜め前方)を、人差し指などを使って、クルクルと円を描くように8秒間マッサージします。
※軽くかみしめるとあごの付け根の部分で筋肉がふくらむような動きをするところが、咬筋の位置の目安です。

②側頭筋(こめかみ付近にある筋肉)のマッサージ

・左右のこめかみにある筋肉を、人差し指などを使って、クルクルと円を描くように8秒間マッサージします。
※軽くかみしめるとこめかみの部分で筋肉がふくらむような動きをするところが、側頭筋の位置の目安です。

③口を大きく開けるストレッチ

・口を開ける運動をします。
上を向くことで、より大きく口が開くようになります。
5秒間あけたら、いったん閉じます。これを3回繰り返します。

※開口時に痛みがある場合は、無理をしないでください。
また、首に痛みがある場合も、上を向く際に無理をしないでください。

ツイ民の反応

インターネットには顎関節症の人がたくさんいますから、ためしてガッテンの「あご筋ほぐし」を紹介してあげます。おまえらもやりましょう www9.nhk.or.jp/gatten/article…

顎関節症とぎっくり腰の共通点とは?(2014年11月8日の快風院『均整日記』) 顎関節の不調や「あごこり」には、頸椎2番や4番を中心に、からだ全体の歪みを整えるとよいのです。 kaihuu.exblog.jp/22550936/ #顎関節症 #あごこり #頸椎 #顎関節 #寝違え #ぎっくり腰 #整体 #均整 #均整法 #身体均整法

6/12分の「ガッテン」を録画で見てたんだけど 「あごこり」って? NHKなのに日中街頭で女性に「指何本入ります?」とか聞いてて 興味津々で見てみたら「顎関節症」の話しだった 結構大変な病気なんやね 加部ちゃん先輩治ったんかな~?

今テレビつけたらガッテンでやってた顎関節症の話、私これなんだが???口大きく開けると骨がカクンってなる pic.twitter.com/HwvtA3FPW0

#thenite 大西さん、リスナーの皆様!今夜もお疲れ様でした! ナイトで気持ちはリラックス出来ますが、どうしたら肩凝りは良くなるのかな~? こりと言えば…あごこり!に気をつけないと顎関節症になるらしい! でも…ほぐしかたのマッサージ良く見てなかった 大西さんもお気をつけて!

寝てたら顎関節症特集やってたみたいで、寝起きの頭ボーっとしてるときに「この体操をやれ!」と両親から押し勧められました… ちなみに指縦1.5本分しか開かない私の顎。歯科のレントゲン器具も入りません… 果たして運動の効果はあるのでしょうか… www9.nhk.or.jp/gatten/article…

1