1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

菅田将暉監督!?あの人気俳優が手がける作品が気になる!

石崎ひゅーいさんの楽曲から着想!

更新日: 2019年06月14日

4 お気に入り 4367 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tyanndaiさん

2ndアルバムに収録されるショートフィルムで初監督に挑戦

菅田将暉、2ndアルバムに太賀出演のショートフィルム「クローバー」収録 初の監督に挑戦 realsound.jp/2019/06/post-3… pic.twitter.com/dqgIqrVXBF

初回限定盤付属DVDに、菅田が初監督を務めるショートフィルム「クローバー」が収録されることが発表された

【#菅田将暉 初監督!】 7月10日発売の2ndアルバム『LOVE』初回生産限定盤に、菅田将暉が初監督を務め、主演に太賀さんを起用したShort Film『クローバー』の収録が決定! この映像は新曲「クローバー」(石崎ひゅーいさん作詞曲)が主題歌となっています。 ▼詳細はこちら sudamasaki-music.com/info/ pic.twitter.com/4jy1wMbW3i

この映像は、アルバム収録曲で石崎ひゅーいが作詞作曲を手がけた「クローバー」を主題歌とするもの

菅田が楽曲のメッセージを汲み取り、企画・プロデュースから自身で行い、構想から約半年をかけて製作された全47分に及ぶオリジナルスト ーリーとなっている

あらすじは、太賀演じるサラリーマンのヨリトモが上司や友人にもらったプレゼントをきっかけに、身の回りのものを大事にすることの大切さを知っていく、というもの

主演を務めた太賀ほか、永嶋柊吾や楽曲の作詞・作曲を務めた石崎ひゅーい、監督の菅田自身も出演し、台詞や動作などはエチュード中心で行われた

9月13日より公開の映画「ある船頭の話」で監督に

オダギリジョーの長編初監督映画である同作は、橋の建設が進む山村で川岸の小屋に住み、黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送る船頭・トイチが主人公

ある日1人の少女が現れ、トイチは身寄りのない彼女と暮らし始めるが、そのことがトイチの人生を少しずつ狂わせていく、というあらすじ

「監督なんてめったにあることじゃないので、このお祭り騒ぎに乗じて一緒に遊びませんか?みたいな軽いノリでお声掛けしました。受けていただいた方々は、役の大小や、ビジネス的な観点で仕事をしていない、粋な方々ですね(笑)」

主人公の船頭トイチを柄本明、ヒロイン役を川島鈴遥が演じるほか、トイチを慕って多くの時間を共に過ごす村人・源三の役で村上虹郎が出演

伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優らオダギリとゆかりのある顔ぶれが集結し、主人公の船頭トイチ(柄本明)の舟に乗る客人にふんする

11月29日公開の映画「MANRIKI」

「チーム万力」は、斎藤工、永野、金子ノブアキ、SWAY、清水康彦による映像制作プロジェクトチーム

『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018』では、『手から光を出す魚屋さん』『LOHAS』『宮本』『ZERO 焼きそばしかないキャバクラ』などの短編を発表している

チーム万力による『DEATH BIKE』『MANRIKI短編バージョン』の上映、そしてMANRIKIメイキング映像を観ながらトークをしたり盛りだくさんの内容でした! ありがとうございました!! #斎藤工 #金子ノブアキ #SWAY #DOBERMANINFINITY #清水康彦 #永野 #MANRIKI pic.twitter.com/ZV30aoUSfo

「ファッションイベントにゲスト出演したときに、感じた違和感から着想した」という永野の原案・原作に、斎藤工、監督・清水のクリエーティブエッセンスが詰め込まれた作品

1