ゴーラムは、多肉植物である為、乾燥にはとても強い性質を持っています。

ですから日当たりが良い場所で育てて管理する事が基本にはなります。

春〜秋の時期には、戸外で育てる事ができます。しかし真夏の強い直射日光は葉に良くありませんから、直射日光が避けられる半日陰でかつ風通しも良い明るい場所に置いてあげるようにしましょう。

ゴーラムは寒さには弱いという性質があり、霜や寒風に当たってしまうと葉が落ちてしまうだけでなく、株自体も傷んでしまう原因となります。

最悪の場合には枯れてしまいます。

そうならない為にも、冬の寒い時期には、戸外ではなく室内の明るい場所に移動させましょう。

そして春になって暖かくなり再度戸外へ出す時には、必ず遅霜の心配をしなくてよくなった頃にしましょう。

ゴーラムは弱ってくると、少し触っただけで葉の部分がボロっと落ちてしまう事がありますので、一つの目安にするといいでしょう。

出典ゴーラムの育て方|GreenSnap(グリーンスナップ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ゴーラムの育て方、増やし方、風水

ベンケイソウ科のクラッスラ属に分類される多肉植物のゴーラムは、別名「宇宙の木」と呼ばれる多肉植物です棒状の葉の先端が小さなお皿のようにへこんでいて、その周囲は赤色に縁取られています。

このまとめを見る