日当たりの良い場所で育てます。

日によく当てると葉の色つやもよくなり、葉先もきれいに赤く色づきます。
春~秋は屋外で育てられますが、強い直射日光に当たると葉色が褪せて焼けてしまい元気がなくなることがあるので、真夏は強い直射日光を避けた風通しの良い明るい場所に置きます。
寒さには弱く寒風や霜に当たると落葉して株が傷み、ひどい場合は枯れてしまいます。

冬は室内の明るい場所に置きます。
暖かくなって春に屋外に出す場合は遅霜の心配がなくなった頃にします。

何らかの原因で弱った株は軽く触れただけ葉がぼろぼろっと落ちることがあります。

出典ゴーラム(クラッスラ)の育て方 |ヤサシイエンゲイ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ゴーラムの育て方、増やし方、風水

ベンケイソウ科のクラッスラ属に分類される多肉植物のゴーラムは、別名「宇宙の木」と呼ばれる多肉植物です棒状の葉の先端が小さなお皿のようにへこんでいて、その周囲は赤色に縁取られています。

このまとめを見る