1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

韓国ドラマ3本に名作『ヤヌスの鏡』も!夏ドラマは「リメイク」ラッシュ

2019年夏ドラマは、韓国ドラマ原作が3本など、リメイク(再映像化)作品が多数。『TWO WEEKS』、『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』、『ボイス 110緊急指令室』、『僕はまだ君を愛さないことができる』、『ヤヌスの鏡』。

更新日: 2019年08月27日

7 お気に入り 37035 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

台湾ドラマから舞台を東京に移してリメイク

◆『僕はまだ君を愛さないことができる』(月曜深夜、フジテレビ)

足立梨花と白洲迅

足立梨花と白洲迅のダブル主演で台湾ドラマをリメークする『僕はまだ君を愛さないことができる』が、7月15日正午から映像配信サービス「FOD」で配信開始・同日深夜よりフジテレビで地上波放送。

韓国や中国でもリメークされ、アジア中の女性をとりこにした人気作品の日本版がついに登場。原作の魅力的な部分はそのままに、日本オリジナルな要素もたっぷり詰め込んでリメークされる。

舞台を東京に移し、恋人未満である男女の関係性が「30歳最後の日までに先に結婚したほうに30万円のご祝儀を贈る」という賭けをきっかけに少しずつ変化していくさまを描き出す。

足立は靴メーカーに勤務するキャリアウーマン・御手洗陽役、白洲は都市の再開発などを手がけるデベロッパーで働く石田蓮役を務めた。

台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書」のリメイク「僕はまだ君を愛さないことができる」楽しみだなぁ。足立梨花ちゃん好きだし

このドラマすごい好きだった!! すごいキュンキュンしたわ♥️ リメイクか~どうなるかなぁ 足立梨花&白洲迅、ドラマW主演発表 台湾の人気ラブストーリーをリメイク<僕はまだ君を愛さないことができる> (モデルプレス) - LINE NEWS news.line.me/articles/oa-rp… #linenews @news_line_meから

韓国サスペンスドラマにオリジナル展開を加えてリメイク

◆『TWO WEEKS』(火曜夜9時、フジテレビ)

三浦春馬演じる結城大地が、娘を救うため逃亡するタイムリミットサスペンス。

原作は、ソ・ヒョンギョン脚本の同名韓国ドラマ。今回は日本版として、オリジナルの展開を加えリメイクされる。

刹那的に生きていた結城は、一方的に別れを告げた女性から、自分との娘がおり、その娘が白血病だと告白される。ドナーに適合するも、何者かにはめられ逮捕された結城は、2週間後の移植手術のため逃亡を図る。

巧みな変装や時には激しいアクションシーンで魅せる危険な行動を駆使し、迫りくる追っ手から逃げ続ける結城を待ち受けるスリリングな展開がみどころ。

フジテレビ系列の火9で7月から「TWO WEEKS」っていうドラマがあるけど、あれ韓流ドラマのリメイクなんだよね~ 韓国版は観たことあるんだけど、めっちゃ面白かったから、日本版も楽しみ pic.twitter.com/EptfuNB6fZ

まあ何だかんだ思う点があるけど ジュンギssiのドラマ良い作品多いしリメイクはどんなカンジなんか楽しみかなっ #TWOWEEKS #韓流ドラマ #リメイク

韓国大ヒットドラマを大森南朋&飯豊まりえコンビでリメイク

◆『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』(木曜夜9時、テレビ朝日)

左から仲村トオル、松雪泰子、大森南朋、飯豊まりえ、高杉真宙

「法医学教室の事件ファイル」や「アンナチュラル」などでも取り扱われる人気の高いジャンル・法医学を軸に、“真の正義とは何か”を問うノンストップの群像サスペンス。

原作は韓国の大ヒットドラマ「サイン」(2011年)。最高視聴率25.5%を記録し、「大韓民国コンテンツアワード」の放送映像グランプリ分野で大統領賞も受賞した。

さまざまな事件の真相を追い求める無骨な天才解剖医と新人女性法医官が、“真実”を隠蔽しようとする絶対的権力に立ち向かう姿を描く。大森南朋が、偏屈かつ無頼な天才解剖医・柚木貴志を演じる。

女性初の捜査一課長を目指す野心家の管理官・和泉千聖を松雪泰子、柚木の助手となる新人解剖医の中園景を飯豊まりえが演じる。

1 2