1. まとめトップ
  2. レシピ

ほぼ無料!?いつもの料理を激ウマにするちょい足し術が必見!

美味しい料理が食べたい…でもあまりお金はかけられない…そんなあなたに覚えてほしいちょい足し術がネットで話題に!おからに牛脂、パスタの茹で汁に野菜くず…いつもならあまり日の目を見ることのない食材が大活躍してくれるんです。一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!

更新日: 2019年06月15日

79 お気に入り 20561 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

これ知っているだけで料理上手になれます…騙されたと思って試してみて!

critical_phyさん

◎まじか…定番料理を美味しくするコツは意外な食材にありました!

▶ダイエッターにもおすすめ…「おから」入りナゲットがネットで話題に!

栄養豊富で安価なおから。TV番組などの企画では、おからを無料でもらい受けている場面が見られます。

豆腐ハンバーグのように、揚げ物や肉詰めなどの料理に、肉の代わりとして用いることもある。水分をよく切るのがコツ。カロリーを抑える効果がある。

リュウジ@料理のおにいさんさんがTwitterにて公開した、「おからツナゲット」のレシピが話題です。このナゲットは、衣やお肉を使用せずに、簡単に作ることができるレシピです。ダイエット中にナゲットが食べたくなった時におすすめです。

超オススメ、言われなければおからだと思えないほどナゲットの味 「おからツナゲット」 油切ったツナ一缶、おから100g、卵一個、パン粉大さじ1、片栗粉大さじ1、コンソメ小さじ1、塩胡椒入れ混ぜ丸め中火で揚げ焼くだけ 衣なしなのでヘルシー&低糖質、なによりサクサクホクホクで物凄く旨いです!! pic.twitter.com/ARGY5jGung

リュウジさんのおからツナゲットおいしかったし旦那にも好評だった 熱々より少し冷め始めたくらいのほうがギュッとして鶏肉ぽかったからお弁当に向いてるかも!

リュウジさんの「おからツナゲット」作ったよ いっこつまみ食いしたんだけど、美味しかった オーロラソース付けてみよう #リュウジさん pic.twitter.com/jxIbsjskXa

▶コクがハンパないって…ハンバーグには「牛脂」を入れてみて!

スーパーで販売されているひき肉は赤みが多いのが特徴。これをハンバーグにすると、どうしてもパサパサ感が出てきてしまいます。牛脂をプラスすることで、旨味とジューシーさを足す。

ちなみにシュウマイや餃子は豚肉を使うので餡にラード(豚の脂)を加えて肉汁をあふれさせることができます。それと一緒で、牛肉を使うハンバーグに牛脂を入れれば肉汁マシマシになるわけです。

ハンバーグ作るときにレシピなんか見ないで適当にこねこねして作るんだけど、なんだかパサパサ。。。 今調べたら、肉汁たっぷりのハンバーグには牛脂を練り込むといいみたいね pic.twitter.com/2zz8rR8eRT

ハンバーグって安く美味しいお肉食べれるから最高!和牛の牛脂を無料で置いてあるスーパーでたくさん脂もらっておいて、ひき肉に和牛の脂を練り込み和牛の牛脂をフライパンで溶かして焼く。そうすると和牛ハンバーグになる( ̄¬ ̄*)

今日の昼ごはん 左側が牛脂ハンバーグ 右側は合い挽きに、鯖の水煮缶とカレー粉を少々混ぜて焼いた鯖バーグ 美味しかったです(о´∀`о) pic.twitter.com/W7m3iYy7cl

▶スープに深みを出してくれる…「パスタの茹で汁」を有効活用しよう!

そば湯と同様、スパゲッティの茹で汁も旨み成分が溶け出した美味しいスープです。これを捨てる手はありません。

スープを作る際、パスタの茹で汁を加えることで僅かにとろみをつけることができます。例えば、茹で汁で蒸した野菜を鍋に移し、そこに茹で汁を加えて味をつければ、あっという間に2品目の出来上り!

キムチと豆腐を使ってスープを作ってみましたが、茹でた際に入れた塩がいい感じでまろやかになってとても美味しいスープができちゃいました。これはおすすめ度高い再利用法です。

パスタ茹でる時に、お湯にコンソメ入れるとスープも作れて一石二鳥になることに気付いた( ゚д゚) パスタの茹で汁飲むのかよって思われるかもしれないけど、そば湯があるから変ではないよね

パスタの茹で汁をスープに入れて調整するなどしていると、いかにも料理をしているような気分になれる。

もう昼だけどモーニングスープ。 昨夜作ったパスタの茹で汁にトマト缶を加え、お砂糖、コンソメ等で味付けしてみた。 染みるぜ! #山と食欲と私 pic.twitter.com/kebBBTm7ao

▶これは極上のダシ…「野菜くず」はそのまま捨てちゃだめです!

ベジブロスという、野菜の切れ端や皮といった、本来であれば使わない部分を使用した出汁が、いま注目されています。免疫力アップや抗酸化作用、アンチエイジングといった効果があるために、特に女性に人気となっています。

鍋に1リットルの水を入れ、両手いっぱいになるくらいの野菜クズを投入。ほんの少し日本酒を加えると臭み消しに効果的。火をつけ、弱火でじっくりと20分ほど煮出す。最後に火を止めて、ザルで濾せば、黄金色のベジブロスが完成だ。

見た目にもカラフルな野菜の組み合わせで作ることが、美味しいベジブロスを作るコツです。緑だけではなく赤、黄色、オレンジ、紫などを混ぜてみましょう。きっと美味しいベジブロスができますよ。

1 2