1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

広瀬すずは初挑戦!2019年秋は人気俳優の「舞台」が楽しみ

2019年秋は人気俳優たちが演劇の舞台に多数出演。山田孝之×石丸幹二『ペテン師と詐欺師』、石原さとみ×吉田鋼太郎『アジアの女』、宮沢りえ×堤真一『死と乙女』、藤原竜也×鈴木亮平『渦が森団地の眠れない子たち』、野田秀樹×松たか子×広瀬すず『Q-A Night At The Kabuki』。

更新日: 2019年10月15日

6 お気に入り 9844 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

ブロードウェイの傑作ミュージカルを山田孝之×石丸幹二で上演

◆『ペテン師と詐欺師』(9月1日~26日、新橋演舞場)

2005年にブロードウェイで初演され、トニー賞10部門11ノミネート、ミュージカル主演男優賞を受賞した傑作コメディミュージカル『ペテン師と詐欺師』。

今回は上演台本・演出を福田雄一が手がけ、山田はアメリカの若い二枚目詐欺師フレディを、石丸はイギリス紳士ふうの優雅な詐欺師ローレンスを演じる。

山田孝之と石丸幹二

長塚圭史の戯曲を吉田鋼太郎が演出、石原さとみが主演する

◆『アジアの女』(9月6日~29日、Bunkamuraシアターコクーン)

吉田鋼太郎がこれまで俳優として作品に出演してきた盟友・長塚圭史の戯曲を演出し、主演を石原さとみが務める、初の座組みが実現!

長塚圭史が2006年に執筆した「アジアの女」は、災害によって壊滅した町で半壊した家に住み続ける兄と妹を軸にした作品。

長塚作品の常連で多彩な表現力が映像でも評価の高い山内圭哉、個性的な存在感で活躍目覚しい矢本悠馬、小劇場に多数出演している水口早香という共演者による5人で濃密な舞台空間を生み出します。

宮沢りえ×堤真一による戦慄の心理サスペンス

◆『死と乙女』(9月13日~10月21日、東京・シアタートラム ほか)

アリエル・ドーフマン作「死と乙女」は、ある嵐の夜に、記憶の闇に飲み込まれていく3人の男女を描いた物語。

演出を小川絵梨子が担当し、出演者には宮沢りえ、堤真一、段田安則が名を連ねている。

藤原竜也と鈴木亮平がW主演で小学生役!

◆『渦が森団地の眠れない子たち』(10月4日~11月17日、新国立劇場中劇場 ほか)

藤原竜也と鈴木亮平がダブル主演で小学生役!劇団モダンスイマーズの蓬莱竜太が手掛ける“団地大河ドラマ”

二人は同じ団地に住み、竹馬の友のように仲が良かったが、ささいなことから関係が崩れ、次第に団地での王座を争うようになる。

藤原と鈴木のほか、奥貫薫、木場勝己、岩瀬亮、蒲野紳之助、辰巳智秋、林大貴、宮崎敏行、青山美郷、伊東沙保、太田緑ロランス、田原靖子、傳田うにが出演。

1 2