1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●改正相続法が7月1日からスタート

平成30(2018)年7月6日に、改正相続法(「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」)が成立し、

同年7月13日に公布(=成立した法律を国民に周知させる目的で、当該法律を公示する行為)されました。

2018年7月、約40年ぶりとなる大きな改正が行われた相続法ですが、その主な改定部分が、2019年7月1日からスタート

「改正相続法」のポイント

●相続預貯金を遺産分割前でもおろせる払戻制度

【改正相続法】遺産分割前の預貯金払い出しが7月から可能に 上限150万円 news.livedoor.com/article/detail… これまで故人の口座は銀行が死去を知った時点で凍結されてしまい、葬儀代などに使うことができず困る遺族もいた。 pic.twitter.com/23CfNKxtGw

亡くなった人の相続預貯金を遺産分割前でもおろせる払戻制度が、7月に始まる。

これまで、亡くなった人の預貯金を、遺産分割(遺産をどう分けるかを決める)の前に引き出すことはできませんでした。

故人のお金は遺産分割の対象になるため、口座が凍結されてしまう。葬儀代の支払いなどに使えず、困る遺族もいた。

・被相続人の口座残高3分の1の範囲で、相続人は自らの法定相続分をおろせる

そのため、残された家族などの相続人は、当面の生活費や葬儀費用、亡くなった人の債務返済などを、一時的に立て替えざるを得ない状況でした。

新たな払戻制度だと、被相続人の口座残高の3分の1の範囲で、相続人は自らの法定相続分をおろせる。

●法定相続人ではない親族でも、介護した労力を金銭として請求できるようになる

今回の法改正で、法定相続人ではない親族でも、介護した労力を金銭として請求できるようになる。

・介護や看病に携わった「特別寄与者」として請求できる

たとえば嫁や婿、甥や姪といった立場で介護や看病に貢献した場合、これまでだと、被相続人と養子縁組をしたり、

贈与を受けるといった方法を取らない限り、金銭的に報われることはありませんでしたが、改正以降は、介護や看病に携わった「特別寄与者」として、相続人に対して「特別寄与料」を請求できるようになります。

40年ぶりの相続法改正 遺産分割協議前の上限150万円の引き出しが可能に pic.twitter.com/6kLOEcbQJF

相続人を介護した法律上の非相続人にも「特別寄与料」の請求権が発生する、今回の相続に関する法改正。 ただでさえもめる相続がさらにもめそうな気しかしない…。 #BSテレ東 #日経プラス10

相続法改正で7月から故人預金の仮払い制度ができるらしく150万円まで引き出せるらしいけどそれはそれで新たなトラブル発生にも繋がりそう

銀行に法定利息ふっかけられなくなりますね。:::夫の死亡で突然預貯金が凍結…のトラブルが相続法改正で変わる! | MONEY PLUS media.moneyforward.com/articles/2502

相続法改正ですって。7月より改正。 ・故人の預金額の1/3を ・150万円上限で ・自らの法定相続分を 引き出せるとのこと。 これまでは遺産分割協議が必須だったから、喫緊で現金が必要な場合は助かるはず。 #葬儀社あにっちょ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-…

●ニッポンレンタカーは、7月から全車にドライブレコーダーを標準装備する

1 2 3