贈与を受けるといった方法を取らない限り、金銭的に報われることはありませんでしたが、改正以降は、介護や看病に携わった「特別寄与者」として、相続人に対して「特別寄与料」を請求できるようになります。

出典相続法改正で何が変わる? 相続人でなくても介護で遺産がもらえる!? 遺言書の書き方も変わる! | Money VIVA(マネービバ)

前へ 次へ