1. まとめトップ

カラシビが癖になる・・首都圏で絶品の麻婆麺が食べれる店

日本人が最も好きな中華料理の1つである麻婆豆腐や麻婆茄子。それらとラーメンを組み合わせたラーメンが一部で話題になっています。それはいわゆる麻婆麺といわれるもので都内を中心に専門店が徐々に増えています。その中でもおすすめのお店をセレクトしてみました。

更新日: 2019年07月01日

2 お気に入り 1571 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

anpeppeさん

様々な多様性を見せる料理「ラーメン」

日本のラーメンのスープには大きく分けて「味噌、醤油、塩」という3種類の味があるとしつつも、スープのだしを「豚骨、鶏がら、煮干」など、地域や店によって異なった材料から取るため、非常に多種多様なラーメンがある

そして、多様性となるとラーメンの独壇場ですね。
醤油、塩、みそなどの味の他にも、豚骨、魚などのダシの違いもあります。
その他つけ麺や油そばなどの分野もあります。
これら全てがラーメンの括りに入っています。

そんな中、ここ数年ラーメン好きに注目されつつあるジャンルがある

夜ご飯めちゃめちゃ食べたのに麻婆麺が食べたい!!!食べたい!!!!

辛いの好きじゃないのに麻婆麺食べてんのなんでなのわたし

おなかゆるめなので明日も蒙古タンメン麻婆麺を食べよう

今回は首都圏で絶品の麻婆麺が食べれる店をセレクトしてみました

少し縮れた太麺に、麻婆豆腐とネギ、玉ねぎがのったラーメンで、避難経路として味玉を追加しました。
見た目は真っ赤っかでしたが、中辛くらいでは辛くありません。ピリ辛で食べやすいくらい。辛さよりも、とろみのあるスープが熱すぎて、食べるのが困難でした(笑)。しびれが足りない場合、テーブル上の胡椒?(しびれ)を追加すると良いでしょう。
絶妙な辛さで中毒性の高いラーメンだと思います。

熱くて、辛くて、食べにくいというのはあるんだけど。
熱くて、辛いから旨いんだということなので。
辛いのとシビレと、辛い方が勢力有り。
でも、いうほど辛くない。
食べづらいほど辛くは無い。

辛さ的にはそれ程でも無いと思います、それ以上に痺れ感が凄いですね。
代謝が良くなり汗は出てきますが、辛いと言うより痺れですね。
卓上の青山椒を追加してみます、華やかな香りがパーっと広がりました。
痺れ感はMAX、追加した青山椒がかなり効きました(๑´ڡ`๑)

麻婆餡は麺と一体化しており、ここにも豆板醤や花椒の辛味がたっぷりと凝縮。
挽き肉の旨味を更に引き上げますが、花椒が強烈なのでダメージがでかいですね(汗
辛いのが得意な方以外は店内の説明書き通り「花椒控えめ」がオススメでしょう。
チャーシューは大きめの角切りですがサックリ柔らかい肉質。
白髪ネギや青ネギはこの中では一服の清涼剤ですね♪

全とろというだけあって、醤油スープに後掛けで麻婆餡をのっけたものではなく、全体がとろみ状の麻婆餡に麺を投入したものになっている趣向は面白い。ピリ辛よりも1段上の辛みと軽い山椒の刺激がよいアクセントになっているものの、ベースのコクはやや控えめ。その分味が濃すぎず、飽きずに食べられるのはメリットか。ちなみに有料で辛さのレベルを4段階まで変えられるようだ。あと卓上に山椒もあるので、好みに応じて痺れを強められるのはいい。

スープを一口飲むと柔らかな甘みがまず印象的。麻婆って割と辛味だったり中華系のスパイスが先に来る印象ですがまろやかな口当たりだったのが驚き。後に八角、山椒の香味が訪れます。個人的には中華系のスパイスが効きすぎているとそれ一辺倒の味になってしまうのでどちらかと言うと苦手だったりするのですが、トータルバランスが整っていて本当においしい麻婆麺でした。

数多くの有名ラーメン店を輩出したMENSHOグループのお店。麻婆麺にはブドウ山椒が贅沢に使われています。

頭を切り替え啜り始めると、デフォながら結構な辛さで
変に冒険しなくて良かったと一安心(笑)
縮れ麺との相性は勿論良かったですが、それ以上に各具材と一体化した麻婆豆腐感が印象深く残りますね~。
これだけ具沢山なら、インフォメーションにあった麺少なめ(-¥50)で臨み各野菜や豆腐を中心に楽しむ方が、お財布的にも良いかも…と次回を意識しながら完食。

スープはスープらしからぬ麻婆感。
麺抜きの麻婆だけでも美味しく頂けちゃいます。
実際サイドメニューにこの麻婆を使った麻婆飯がありますしね。
このスープが細麺によ〜く絡んでたまらなく美味しいです。

1 2