1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

山口智子に石田ひかりも!月9ヒロイン集結!『監察医 朝顔』が楽しみ

近年低迷が続いてきたフジテレビの「月9」ドラマも、ここ一年間は全て二桁の視聴率で復活の兆し。次回作は月9『のだめカンタービレ』で一世を風靡した上野樹里主演の『監察医 朝顔』。豪華キャストが次々解禁される中、月9全盛期の『ロングバケーション』の山口智子、『あすなろ白書』の石田ひかりの出演も決定。

更新日: 2019年10月06日

3 お気に入り 13951 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆近年、復活の兆しがあるフジテレビ

フジテレビにとって、2010年代は、世帯視聴率トップから民放4位に転落し、制作姿勢が猛烈なバッシングを浴びるなど受難の時代でした。

ここ数年、テレビ業界で重視されるようになったのが、個人視聴率だ。ある民放キー局関係者は、「これらの世代の個人視聴率に限ると、日テレ、フジ、TBSの順になっている」と明かす。

◆打ち切り説まで出ていたフジ『月9』もこの一年、好調を維持

『ラジエーションハウス』(2019年4月期)

最大のターゲットとなって攻撃を受け続けてきたのが月9。新作が放送されるたびに「最低視聴率を更新」という記事が続出し、SNSに批判的な声があふれるなど、メディアと個人の攻撃対象となり、何度となく“打ち切り説”が飛び交いました。

しかし、この1年間に放送された4作は、すべて全話平均2桁視聴率を記録。クオリティーの高低や堅実路線の是非はさておき、一定の数字を継続したことで攻撃対象から外れ、打ち切り説が消えました。

俳優の窪田正孝主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『ラジエーションハウス』第10話が10日放送され、平均視聴率が13.3%だったことがわかった。最終回まで残すところ1話で、第8話に並ぶ最高視聴率タイを記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

◆そんな月9に『のだめ』の上野樹里が13年ぶりに復活

上野樹里が、7月8日スタートの月9ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系)で主演を務める。

上野の月9主演はドラマ「のだめカンタービレ」(玉木宏とダブル主演)以来、13年ぶりとなる。

上野は新米法医学者・万木朝顔(まき・あさがお)を演じ、彼女のよき理解者で仕事相手としても寄り添うベテラン刑事の父・万木平(まき・たいら)には時任三郎が起用された。

◆フジの連ドラで初めて東日本大震災に向き合うヒューマンドラマ

上野樹里と時任三郎

同名マンガを実写化したヒューマンドラマ。東日本大震災で母を亡くした過去を持つ新米法医学者・万木朝顔が、父であるベテラン刑事・万木平とともに死因不明の遺体の謎を解き明かしていくさまを描く。

脚本は『フルーツ宅配便』の根本ノンジ

原作では、朝顔は阪神大震災により母を亡くした、という設定ですが、今回、連続ドラマ化するにあたり、東日本大震災により母が行方不明になっている、という設定にアレンジ。

フジテレビ系連続ドラマとしては初めて東日本大震災を真正面から扱います。それに伴い原作では、ほぼ一巻でしか触れられなかった震災と母の存在に向き合う父娘の日常と心の機微を、深く、そして細やかに描いていきます。

◆月9『ロンバケ』の山口智子ら豪華キャストが次々解禁

山口智子が出演することが決定。山口の“月9”出演は、全話平均視聴率29.5%、最終回では平均視聴率36.7%を記録した、木村拓哉とのダブル主演「ロングバケーション」(1996年)以来、23年ぶり。山口は、興雲大学法医学教室の主任教授・夏目茶子を演じる。

『監察医 朝顔』に、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、坂ノ上茜、喜多乃愛、宮本茉由、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明が出演する。

「監察医 朝顔」に、三宅弘城と藤原季節が出演する。三宅は検視官・伊東純役、藤原は鑑識の沖田宗徳役で出演。

◆さらに月9『あすなろ白書』の石田ひかりが母役で出演決定

石田ひかり(右)と上野樹里(左)

石田ひかりが、『監察医 朝顔』にレギュラー出演する。石田の月9レギュラー出演は、1993年放送の『あすなろ白書』以来26年ぶり。

石田が演じるのは、朝顔(上野)の母・万木里子。朝顔の愛情深く心優しい部分は里子譲り。里子は、娘の朝顔、夫の平と円満な日々を送っていたが、ある日、東北の海沿いの街にある実家に帰省中、東日本大震災に被災。以来、里子は行方不明のまま今日に至る。

26年前の『あすなろ白書』は、木村拓哉との“あすなろ抱き”が社会現象になるほど話題に。

平均視聴率27.0%(最終回31.9%)

1 2